暗号資産/仮想通貨

SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・ウォレットの指定も

SBIバーチャルカレンシーズは12月21日の6:00から19:00の間、システムメンテナンスを行っていました。そしてこのメンテナンス終了後に、仮想通貨の受取(入庫)および送付(出庫)に関するサービスを開始することを発表しています。

受取サービスは12月21日より、送付サービスについては2019年1月下旬以降、準備が整い次第の提供になります。

受取・送付サービスの内容

SBIバーチャルカレンシーズが提供する火葬塚の受取・送付サービスは以下のような内容になっています。

受取(入庫)サービス
当社は、2018 年 12 月 21 日(金)より、仮想通貨の受取(入庫)サービスの提供を開始いたします。これにより、当社が取り扱っている仮想通貨のうち当社の指定する、エックス・アール・ピー(XRP)、ビットコイン(BTC)及びイーサリアム(ETH)を、他の仮想通貨交換業者のウォレット等から受取ることができるようになります。

送付(出庫)サービス(予定)
当社の送付サービスは、送付先を、当社指定のハードウェア・ウォレット(以下「指定ウォレット」といいます。)に係るアドレスに限定させていただきますのでご留意ください。
指定ウォレットは、ご登録いただいたご住所に本人限定郵便にて送付し、お客様ご本人に受け取っていただきます。これは、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止の観点から、ご本人様と指定ウォレットに係るアドレスを紐づけ、仮想通貨の送付先を限定するために実施させていただくものです。

仮想通貨の受取・送付サービスに関するお知らせ

受取について

これまでSBIバーチャルカレンシーズへ入金は、住信SBIネット銀行からの日本円のみだったのが、仮想通貨の項目が追加されています。現時点ではBTC、ETH、XRPの3つの通貨に対応しています。

既に仮想通貨への投資を行っていた人にとっては、入金サービスを心待ちにしていた人も少なくないのではないでしょうか。

送付について

SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨送付サービスについては、他の仮想通貨交換業者とはちょっと毛並みが異なるようで、SBIが指定するハードウェア・ウォレットに限定されるとのことです。

提供されるハードウェア・ウォレットの予告サイトも公開されています。

(出典:sbicxw.com)

現時点で、送付に関して分かっていることは以下の通り。

  • サービス開始2019年1月下旬以降
  • 送付先はSBIが指定するハードウェアウォレットに係るアドレスに限定
  • ウォレットが対応している仮想通貨の種類には限りがある
  • ウォレットの提供は株式会社SBI BITが行う
  • ウォレットを紛失した場合に備えて管理サービスを提供。ただし秘密鍵を再製するために手数料が掛かる

現時点で、ハードウェアウォレットが無償あるいは有償で提供されるのかは不明。ただ、無料やレンタルなどは考えにくいので、希望者には低価格で提供するというのが現実的ではないと思います。

まとめ

SBIバーチャルカレンシーズは仮想通貨の送付についてかなり慎重になっていると感じますね。ウォレットに係るアドレスと投資家本人を紐づける方式を採用することで、マネーロンダリングや不正な資金の供与などを絶対に許さないという強い意識を感じます。

なかなか情報が出てこないので心配になったりもしましたが、2019年3月の取引所形式およびレバレッジ取引の開始に向けて着々と準備が進んでいるようで安心しました。仮想通貨の相場は冴えない展開が続いていますが、今後のさらなる進展に期待したいですね。

関連記事

  1. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズで口座開設したら真っ先に確認すべき3つのこと

    口座開設完了後、しばらく何もせずに放置状態であったSBIバーチャルカレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える
  2. 不動産投資

    中国不動産投資における賃貸後の管理業務について
  3. 不動産投資

    中国における不動産権利証について
  4. ソーシャルレンディング

    maneoの延滞案件がまたも元本割れ、だたし回収率は過去最高の模様
  5. 「日本郵政グループ3社」の売り出し価格が出揃う&SBI証券IPO抽選結果
PAGE TOP