ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング

【2020年3月】ソーシャルレンディングの分配金は26,410円、自己投資資金を絶賛回収中

緊急事態宣言がゴールデンウィーク明けも継続されて、5月末まで延長されることが既定路線となりつつあるようです。

中小企業を中心にコロナ倒産も増加傾向にあり、5月末まで延長されたら、倒産件数がさらに増加することが火を見るより明らかです。ゴールデンウィークが終わるまでならなんとか我慢していたという人も少なからずいることを考えると、これ以上の自粛要請には従えないと考える人も多くなってくることが懸念されます。

仮に政府が延長を決定するなら、今後の出口戦略を分かりやすく明確に国民に説明する義務が必要となります。これまで通り、人との接触を8割減らしましょうというふわっとした説明では限界がきていると思われます。

これまで得られた知見から、もっとメリハリのある対応策を望みたいところです。

引き続きホームステイが続く状況の中、投資中のソーシャルレンディング各社(maneo/クラウドバンク/SBIソーシャルレンディング)から2020年の3月分の分配金を受け取りました。

3月の各ソーシャルレンディングの分配金内訳

2020年3月のソーシャルレンディング分配金の内訳は以下の通りになっています。3月は損失が確定した案件は発生していません。が、遅延・延滞が発生している案件は約125万円程度となっています。

運営会社分配金 ※運用額月利
maneo3,383円1,925,173円0.17%
SBIソーシャルレンディング13,340円3,329,522円0.4%
クラウドバンク11,447円3,957,672円0.29%
合計28,170円9,212,367円0.31%

(※源泉徴収後の金額、損失確定額込み)

運用額は2020年2月の9,223,072円から2020年3月は9,212,367円と微減となっています。現状、投資資金の撤退が遅れてしまっているので、引き続き償還金および分配金に関しては順次撤収している状況となっています。

資金撤収によりソーシャルレンディングからの分配金は下落傾向にありますが、仕方ありません。

現状はキャッシュイズキングと考えるべし

ソーシャルレンディングにおいては、今のところ新型コロナウィルスの影響が目に見える形で現れておりません。だからっと言って安心かと聞かれれば答えは「No」と言えるでしょう。

影響が出始めるのはこれからと考えるのが自然でしょう。このような先行きが不透明な状況の中で、あえてリスクの高い選択をする必要がありません。現状はキャッシュイズキングで、ソーシャルレンディングに投資している資金は可能な限り現金化しておきたいと思います。

治療法のない感染症と戦うのは本当に大変なことですね。長期戦を覚悟して、生き延びることを考えていきたいです。

マスク争奪戦に終止符!洗える日本製の布マスクを購入してみた前のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針

    遅きに失した感がありますが、果たして健全化への第一歩となるのでしょうか…

  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2018年12月】ソーシャルレンディングの分配金は44,575円、ただし800,000円の期失案件…

    ソーシャルレンディング各社から2018年12月分の分配金の支払いがあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 書評

    日本脱出計画 「攻撃」と「防御」の戦略
  2. サービス

    海外に書類や荷物を送るなら国際スピード郵便(EMS)が便利
  3. 銀行

    住信SBIネット銀行の定期預金の金利が0.3%、ただし3ヶ月もの限定
  4. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
  5. 銀行

    じぶん銀行が日本の銀行で初めてとなる申込みから契約までネットで完結する住宅ローン…
PAGE TOP