ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング再編!NLHD社がmaneoの84.95%の株式を取得、クラウドバンクはスマートレンドと業務提携

ソーシャルレンディングの信頼回復に繋がるのか?

なにかとゴタゴタ続きで、個人投資家から信頼が失墜しつつあるソーシャルレンディング業界ですが、ここへきていろいろと動きがでてきました。

ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットは9月17日、信頼回復の取組の一環として株式の84.95%をNLHD社へ譲渡するこを発表しました。どうやらmaneoの前代表取締役社長の瀧本憲治氏が保有していた株式をすべて売却するようです。

資本構成の変更および新たな役員の選任に関するお知らせ

NLHD社とは?

NLHD社は、東証2部上場のJトラストやジャスダック上場のSAMURAI&J PARTNERSなどを保有しており、既に第一種・第二種金融商品取引業に関わる事業を行っています。今後は、「上場会社グループである証券会社が運営するクラウドファンディング」という公正性と透明性を活かして信頼回復を図っていく予定とのこと。

maneoマーケットは開店休業状態

現在、maneoマーケットは複数のソーシャルレンディングサービスを展開していますが、開店休業状態が続いています。

サービス名状態
maneo2019年7月以降、募集案件なし
プレリートファンド2019年6月以降、募集案件なし
アップルバンク2019年7月以降、募集案件なし
キャッシュフローファイナンス2018年12月以降、募集案件なし
さくらソーシャルレンディング2019年7月以降、募集案件なし
グリーンインフラレンディング2018年6月以降、募集案件なし
アメリカンファンディング2019年3月以降、募集案件なし
スマートレンド2019年7月以降、募集案件なし
クラウドリース2019年1月以降、募集案件なし
ガイアファンディング2018年11月以降、募集案件なし
LCレンディング2019年7月以降、募集案件なし

2019年7月以前に募集案件が提供されていない場合、延滞発生やデフォルトなどが頻発、あるいは何らかの問題が発生してサービスを停止せざるを得ない状態となっているケースが見受けられます。

はっきりいってmaneoマーケットだけでもサービスが乱立し過ぎていますね。個人的には多くても3つくらいに集約するべきではないかと思います。

クラウドバンクはスマートレンドと業務提携

ちょっと前に話になりますが、ソーシャルレンディング大手のクラウドバンクがスマートレンドを運営するSmart Lend株式会社グループのFinance One Limitedと業務提携を開始することを発表しています。

「スマートレンド」を運営するSmart Lend株式会社グループのFinance One Limitedと業務提携を開始

Finance One Limitedは、Smart Lend株式会社を傘下に置く金融グループに属して、香港において金融サービスを展開しています。

このスマートレンドって、どこかでみたことあるな〜と思っていたらmaneoマーケットが展開しているスマートレンドじゃないですか!ライバルであるmaneo系の会社と提携するということはスマートレンドはmaneoマーケットから離脱することも視野に入れているのかもしれませんね。

ソーシャルレンディング最大手のmaneoが再建を図る中で、業界全体の勢力図がガラリと変わる可能性もでてきました。

まとめ

問題続きのmaneoは、ファンドの提供もしているGMOあたりと提携するのではないかと予想していましたが、NLHDと提携を決めました。ちょっと勉強不足でNLHDという会社は今回始めて聞きました。

maneoはサービスの拡大ばかりに躍起になりすぎて、1つ1つの案件が疎かになってしまったことが、延滞やデフォルトなどが続出してしまった原因の1つだと考えられます。

今回の提携により、延滞案件の処理および競売などにより投資家の資金がどの程度回収できるのか引き続き注視していきたいと思います。私もmaneoで約100万円近く延滞案件が発生してしまっているので、今回の提携で少しでも明るい兆しが見えてくることに期待したいですね。

一時は利回り7%超え!上場インラフランド・カナディアン・ソーラーから1口当たり3,650円の分配金前のページ

ドラクエウォーク500万DL突破でコロプラ株が連日のストップ高!この勢いはどこまで続くのか?次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針

    遅きに失した感がありますが、果たして健全化への第一歩となるのでしょうか…

  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング「クラウドバンク」の累計応募金額が50億円を突破

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビッ…
  2. 書評

    あなたは「金持ち思考?」それとも「貧乏思考?」100歳までお金に困らない人生戦略…
  3. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!
  4. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の延滞債権の回収完了、利回りは−1…
  5. NISA

    iDeCo(イデコ)とつみたてNISAで失敗しないための併用方法 違いや使い分け…
PAGE TOP