ファンド

SBI証券が国内最安の信託報酬であるインデックスファンド「日経225インデックスe」の取扱を開始

SBI証券は1月8日、国内最安の信託報酬である三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するインデックスファンドファンド「日経225インデックスe」の取扱を開始することを発表しました。

こちらのファンドは信託報酬(税込)が 国内最安の「年率0.2052%」となっています。

「投資信託」での投資が多くのお客さまにとって、より身近になるにつれ、購入手数料が無料なだけでなく、信託報酬が低い「低コスト投信」へのニーズも高まっています。
「もっと低コストのインデックスファンドがほしい!」というお客さまの多数のご要望にお応えして、三井住友トラスト・アセットマネジメント運用の新ファンド「日経225インデックスe」のお取扱を開始いたしました!

三井住友TAMより「国内最安」信託報酬の日経平均連動型インデックスファンド登場!

低コスト&500円から積み立てOK

インデックスファンドのコストダウンには目を見張るものがありますね。もはやコスト面においてETFと遜色ない感じになっています。また、500円から積み立てられるようになっているので、気軽に投資できるのもグットです。

私はどちらかというと日経225よりもTOPIX派なのですが、健全なコストダウンは大歓迎ですね。

個人投資家が投資において唯一コントロールできるのはコストです。大半の個人投資家はこのような低コストのインデックスファンドをコツコツと積み立てるのが一番楽でそれなりにパフォーマンスも期待できるのでおすすめです。

住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを開始前のページ

朝一で南アフリカランド円が大暴落、その後は落ち着きを取り戻している模様次のページ

関連記事

  1. ファンド

    カナディアン・ソーラー・インフラファンドから第3期の分配金、1口当たり3,600円なり

    投資している「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」から第3期(2…

  2. ファンド

    一時は利回り7%超え!上場インラフランド・カナディアン・ソーラーから1口当たり3,650円の分配金

    NISA口座で保有している上場インフラファンド「カナディアン・ソーラー…

  3. ファンド

    1,000円から売買可能なETF「上場インデックスファンド日経 225(ミニ)」が登場

    日興アセットマネジメント株式会社は、日経平均株価の連動をめざす上場投資…

  4. ファンド

    SBIアセットが「シンプル」&「低コスト」をコンセプトとした投資信託「EXE-iシリーズ」を発表

    SBIアセットが「シンプル」&「低コスト」をコンセプトとした投資信託「…

  5. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!

    個人投資家目線で選ぶファンドやETFなどを選ぶFund of the …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
  2. ファンド

    一時は利回り7%超え!上場インラフランド・カナディアン・ソーラーから1口当たり3…
  3. 確定拠出年金/基礎年金

    「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか…
  4. 書評

    ロバート・キヨサキも絶賛「実践!億万長者入門」生涯続く「無限の富」を得る方法
  5. ソーシャルレンディング

    maneoの延滞案件がまたも元本割れ、だたし回収率は過去最高の模様
PAGE TOP