ファンド

2015年8月の株式投信残高がガッツリ減少!減少額4兆円はリーマン・ショック以来の大きさ

中国経済の不透明による世界同時株安の影響で、2015年8月の株式投信残高が前月よりもおよそ4兆円も減少してることが判明しました。

11日に発表された投資信託協会の統計によると、8月末における単位型を含む株式投信の純資産総額は80兆975億円と、前月から4兆1940億円減少した。減少額はリーマン・ショック直後の08年10月に記録した10兆6802億円以来の大きさとなる。中国の景気減速懸念を背景とした世界同時株安が影響した。一方、8月の資金流出入(設定から解約・償還を差し引いた増減)は1兆4778億円の流入超過と、9カ月連続の流入超となった。

8月の投信概況:世界株安で株式投信残高4兆円急減、リーマン・ショック以来の大きさ=投信協会

一時的な暴落は安値で買うチャンス

4兆円の減少額はリーマン・ショック時の10兆6902億円以来の大きさになるんだとか。

今回もすごいことになっていますが、こうして数字を確認すると、リーマン・ショック時の暴落がいかにすごいか再確認できますね。

ただ、純資産額が減っている一方で、9ヶ月連続で資金流入が続いているようです。これは高値でなかなか投資できなかった個人投資家が、下落をチャンスととらえて投資しているということなんでしょう。

大きく暴落したときに勇気を持って投資ができれば、将来的には大きな利益を享受できる可能性が高まります。

ピンチをチャンスに変えられる投資家でありたいものです。

業務停止中のクラウドバンク、顧客の残高に不備!業務再開まで1ヶ月ないけど大丈夫?前のページ

「日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目」その理由とは?次のページ

関連記事

  1. ファンド

    カナディアン・ソーラー・インフラファンドから第3期の分配金、1口当たり3,600円なり

    投資している「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」から第3期(2…

  2. ファンド

    コロナショックでも下落は限定的?カナディアン・ソーラー・インフラ投資から1口当たり3,650円の分配…

    新型コロナウィルスがこれほど猛威を奮うなんて、2020年の始まりには思…

  3. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!

    個人投資家目線で選ぶファンドやETFなどを選ぶFund of the …

  4. ファンド

    バフェットも推奨するS&P500への投資がより身近に!信託報酬率0.09%台「SBI・バン…

    これは、個人投資家にとって喜ばしいニュース!SBIとバンガード…

  5. ファンド

    一時は利回り7%超え!上場インラフランド・カナディアン・ソーラーから1口当たり3,650円の分配金

    NISA口座で保有している上場インフラファンド「カナディアン・ソーラー…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の最終損失額が確定、業者の担保評価…
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    【iDeCo積立6年目】2019年の個人型確定拠出年金の運良利回りはいかほど?
  3. 節約

    「持ち家 VS 賃貸」はもう古い、第三の選択肢サブスクリプション型住居サービスと…
  4. クレジットカード/キャッシュレス

    ポイント還元率最大5%で飲み会の幹事や旅行好きはウハウハ!リクルートのクレジット…
  5. 不動産投資

    不動産投資におけるノンリコースローン(非遡及型ローン)の可能性
PAGE TOP