ファンド

2015年8月の株式投信残高がガッツリ減少!減少額4兆円はリーマン・ショック以来の大きさ

中国経済の不透明による世界同時株安の影響で、2015年8月の株式投信残高が前月よりもおよそ4兆円も減少してることが判明しました。

11日に発表された投資信託協会の統計によると、8月末における単位型を含む株式投信の純資産総額は80兆975億円と、前月から4兆1940億円減少した。減少額はリーマン・ショック直後の08年10月に記録した10兆6802億円以来の大きさとなる。中国の景気減速懸念を背景とした世界同時株安が影響した。一方、8月の資金流出入(設定から解約・償還を差し引いた増減)は1兆4778億円の流入超過と、9カ月連続の流入超となった。

8月の投信概況:世界株安で株式投信残高4兆円急減、リーマン・ショック以来の大きさ=投信協会

一時的な暴落は安値で買うチャンス

4兆円の減少額はリーマン・ショック時の10兆6902億円以来の大きさになるんだとか。

今回もすごいことになっていますが、こうして数字を確認すると、リーマン・ショック時の暴落がいかにすごいか再確認できますね。

ただ、純資産額が減っている一方で、9ヶ月連続で資金流入が続いているようです。これは高値でなかなか投資できなかった個人投資家が、下落をチャンスととらえて投資しているということなんでしょう。

大きく暴落したときに勇気を持って投資ができれば、将来的には大きな利益を享受できる可能性が高まります。

ピンチをチャンスに変えられる投資家でありたいものです。

関連記事

  1. ファンド

    1,000円から売買可能なETF「上場インデックスファンド日経 225(ミニ)」が登場

    日興アセットマネジメント株式会社は、日経平均株価の連動をめざす上場投資…

  2. ファンド

    SBIアセットが「シンプル」&「低コスト」をコンセプトとした投資信託「EXE-iシリーズ」を発表

    SBIアセットが「シンプル」&「低コスト」をコンセプトとした投資信託「…

  3. ファンド

    太陽光発電へ投資を検討している人は要注意!今後、売電価格が半額になる模様

    太陽光発電への投資を検討している投資家にとってはネガティブな情報が入っ…

  4. ファンド

    SBI証券が国内最安の信託報酬であるインデックスファンド「日経225インデックスe」の取扱を開始

    SBI証券は1月8日、国内最安の信託報酬である三井住友トラスト・アセッ…

  5. ファンド

    アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファンド「iTrust」を…

    遂にアクティブファンドも低コストの時代に突入しつつあるようです。…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%



 ⇒詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 書評

    「日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目」その理由とは?
  2. 為替

    朝一で南アフリカランド円が大暴落、その後は落ち着きを取り戻している模様
  3. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?
  4. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングのローンファンドにて損失率16%の貸し倒れが発生
  5. クレジットカード

    SBIカードPlus(Visa)終了に伴い、SBIカード(MasterCard)…
PAGE TOP