不動産投資

総合金融グループHSBC(香港上海銀行)にて投資用物件のローン借り入れを実施

私が中国で投資用の物件を購入した際に、物件価格の70%※をHSBC(香港上海銀行)から借り入れました。HSBCグループは本拠地をロンドンおき、世界で77ヶ国に展開し、9800ヶ所以上の営業拠点を持つ総合金融グループです。

外貨(米ドル)での借り入れは、人民元の借入れよりも金利が低く、人民元の切り上げを考慮するとメリットが大きくなると考えられるからです。

借り入れ当初はそんな思いでした。しかし、今では米ドルは立派な高金利通貨の仲間入りとなってしまっています。金利はなんと5.25%!これはまさしく想定の範囲外・・。

ちなみにHSBCでは「固定金利」「変動金利」「固定金利選択型変動金利」の選択はできないとのことです。外貨ローンは全てプライムレートに連動した変動金利となり、プライムレートが変われば即日適用となります。日本の住宅ローンのように最初の数年は固定金利というような措置はありません。

※今では物件価格の70%→60%の借り入れになっているようです。よって頭金が物件価格の30%→40%必要。

HSBC(香港上海銀行)のローン審査

HSBC(香港上海銀行)の融資審査には以下の資料が必要となりました。

・パスポートのコピー
・給与証明書(納税証明書)
→会社に依頼して発行してもらいます。
・納税証明書(所得証明書、納税証明書)
→市役所に依頼して発行してもらいます。
・源泉徴収票コピー
・公共料金の領収書コピー
・銀行口座過去6ヶ月記録コピー
※通帳名義ページ含む。
・雇用契約書コピー
→入社時に会社からもらっているはずのもの

基本的に日本で定職に着いていればよっぽどのことがない限り融資審査は通過できるようです。ただ無職(アルバイト?)の人が審査で落とされたと聞きました。かなりのチャレンジャーですが、その実行力は見習うものがありますね。

融資審査に掛かった費用

手数料 $340.0
鑑定代  $72.73
弁護士代 $242.42
印紙税 $3.40

合計 $658.55

関連記事

  1. 不動産投資

    投資家が気をつけておきたい中国不動産の特徴

    中国での不動産には日本人にはあまり馴染みのない特徴がいくつかあります。…

  2. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました

    賃貸業をしていると、テナントからいろいろな要望が出てきます。あまり無理…

  3. 不動産投資

    不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い

    不動産を売却した場合、売却益に対して所得税や住民税がかかります。これら…

  4. 不動産投資

    中国における不動産権利証について

    不動産権利証とは、不動産登記を終えたときに交付される証明書のことです。…

  5. 不動産投資

    不動産投資におけるノンリコースローン(非遡及型ローン)の可能性

    ノンリコースローンとは、万が一ローン返済が出来なくなった場合、担保にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の最終損失額が確定、業者の担保評価…
  2. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・…
  3. クレジットカード/キャッシュレス

    ミライノカード(JCB)で「お支払い総額からの減算」の交換レートが2倍にUP
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング業界に逆風!投資家の心理が急速に冷えつつある
  5. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える
PAGE TOP