書評

ロバート・キヨサキも絶賛「実践!億万長者入門」生涯続く「無限の富」を得る方法

「7つの習慣」の著者スティーブン・R. コヴィー博士や「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキも絶賛したロバート・アレンの実践億万長者入門。

全米でベストセラーとなった生涯続く「無限の富」を得る方法とはいったいどのようなものなのか?億万長者になるために必要な資産運用から複数の収入を構築するための方法などが解説されています。

2002年の出版とあって情報は多少古いものの実践と銘打っているだけあって、具体的な方法が学べるようになっています。主にアメリカでの方法に言及しているが、日本人でも参考にできる点は多くなっています。

富をもたらす3つの分野

「一生続くいくつもの収入源を確保しよう」ということで、経済的自由をもたらす3つの巨大な山が紹介されています。

  • 投資マウンテン
  • 不動産マウンテン
  • マーケティング・マウンテン

今も昔も変わらず「資産運用」や「不動産」は億万長者への定番の方法として君臨しているようです。お金持ちになるためにはやはりこの2つはかかせない存在というのは疑いの余地はないのでしょうね。

新たな富を生み出すマーケティング・マウンテン

マーケティング・マウンテンとは、情報ビジネス・ライセンシング・インターネットなどを指しています。インターネットの普及により、この分野でも億万長者が次々と輩出されています。今後も有望な分野であることは疑い余地はなさそうです。

さらに、マーケティング・マウンテンが優れている点は、投資や不動産に比べてお金が多く掛からない場合が多いということです。IT技術の発展により小資本であってもアイディア次第では、大きな利益を生み出せるようになってきています。

その分、競合も多くなるがニッチな分野を狙えばチャレンジしてみる価値は十分があると言えます。

複数の収入源を確保する戦略

個人的には、マーケティング・マウンテンで稼いだお金を使って原資を作り、投資や不動産に振り分けていく方法がよいと考えています。やはり「投資」や「不動産」においては税制面でも有利な場合が多いのがポイントでしょう。

マーケティング・マウンテンの代わりはサラリーマンの給料でもあってもかまわないでしょう。とにかく今の世の中1つの収入源に頼っていてはダメ。理想を言えば「投資」「不動産」「マーケティング」の3つから収入があるのが望ましいですね。

いきなり3つ同時というのはなかなか難しいと思うので、まずは自分のやりやすい分野や興味のあるところから攻めてみるのが良さそうです。

実践!億万長者入門で得られること

  • 1日1ドルの貯蓄で豊かな老後を手に入れる方法
  • 生涯に稼ぐ額をあと100万ドル増やす方法
  • 理想的な在宅ビジネスの9つの特徴
  • 株式市場で安全に資金を増やす方法
  • 超お買い得物件を見つける9つの方法
  • 自宅にいながら1日1000ドル稼ぐ方法
  • インターネットビジネスの爆発的普及を利用して稼ぐ方法
  • 情報ビジネスで財産を築く方法
  • 知的財産をお金に変える方法

「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んで考え方は分かったが、実践方法が分からないとい人はぜひ本書を読んでみて下さい。必ず1つは役立つ情報を手に入れることができるでしょう。

【追記】2018年に日本人向けにリニューアルされた改訂版が登場

2018年9月に日本人向けにリニューアルされた改訂版が出版されました。これから読む人はこちらを読むことをおすすめします。

中国の人民元対米ドルで最高値を更新前のページ

億万長者になる人間は普通の人とどこが違う?資産を築く7つのポイント次のページ

関連記事

  1. 書評

    あなたは「金持ち思考?」それとも「貧乏思考?」100歳までお金に困らない人生戦略

    ファイナンシャルドクター北川邦弘さんの著書「なぜ貯金好きはお金持ちのな…

  2. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国

    マレーシアで資産運用や不動産投資、ロングステイを考えている人に参考にな…

  3. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

    株式会社資産デザイン研究所の内藤忍さんの「貯金が1000万円になったら…

  4. 書評

    日本脱出計画 「攻撃」と「防御」の戦略

    「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という本を読んでみま…

  5. 書評

    未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた

    ファイナンシャルプランナーの藤原久敏さんが書いた「あやしい投資話に乗っ…

  6. 書評

    漠然とした老後不安を吹き飛ばせ!「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」

    総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングで遅延ファンドの損失確定と口座残高に不具合発生
  2. ソーシャルレンディング

    行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表
  3. 日経平均株価の下落幅TOP5、ダントツ一位はもちろん例のアレ
  4. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
  5. 確定拠出年金/基礎年金

    日本の年金システムは世界37カ国中31位、実質最低ランクという予想通りの結果
PAGE TOP