確定拠出年金

  1. 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で自分年金!5%の利回りで3400万円になるってよ

    どうも!個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」をコツコツと積み立てているしんのすけです。今年で投資歴14年目。資産運用の利回り向上を目指して個別株、…

  2. さすが大手の貫禄!野村の個人型確定拠出年金はファンドラインナップが充実

    野村證券は野村ホールディングス傘下の子会社で日本を代表する証券会社の1つです。投資をやったことがないという人でも「野村證券」という名前は一度は聞いたことがあるの…

  3. 口座維持手数料がおトク!スルガ銀行の個人型確定拠出年金は守りに定評あり

    スルガ銀行というと聞き慣れない人もいるかもしれませんが、静岡県沼津市に本店を置く地方銀行の1つです。実店舗は東京をはじめ、札幌、名古屋、大阪、福岡などでも展開し…

  4. ネット専業証券としては2社目!楽天証券の個人型確定拠出年金をチェック

    楽天証券は個人型確定拠出年金の受付を2016年9月24日から開始しています。これまでネット専業証券としてはSBI証券のみが個人型確定拠出年金を取り扱っていました…

  5. 攻守ともにバランスよし!個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」ならやっぱりSBI証券がおすすめ

    個人型確定拠出年金(個人型DC、iDeCo(イデコ))を始めるにあたって金融機関を選ぶ必要があります。この金融機関を選ぶときに私たちが気をつけなければな…

  6. 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット

    個人型確定拠出年金には国に頼らずに自分で老後資産を蓄えるという意味合いが強いだけあって、様々な優遇措置が設けられています。特に税制面でのメリットはとても…

  7. 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」を賢く活用するための基礎知識

    日本における年金制度は、20歳以上のすべての人が共通して加入する「国民年金(基礎年金)」をベースとして、民間のサラリーマンであれば「厚生年金」、公務員であれば「…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%


 ⇒詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 書評

    保険は人生で2番目に高い買い物!GNP(義理・人情・プレゼント)で保険を選ぶな
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング「クラウドバンク」の累計応募金額が50億円を突破
  3. サービス

    海外に書類や荷物を送るなら国際スピード郵便(EMS)が便利
  4. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!
  5. 「日本郵政グループ3社」の売り出し価格が出揃う&SBI証券IPO抽選結果
PAGE TOP