確定拠出年金/基礎年金

日本の年金システムは世界37カ国中31位、実質最低ランクという予想通りの結果

アメリカにあるマーサーというコンサルティング会社が、世界人口のおよそ3分2を網羅している37カ国の年金制度を比較する「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数(MMGPI)」というランキングを毎年発表しています。

2019年度の最新ランキングが発表されており、この中で日本の年金システムも評価対象としてランキングされています。TOP3にランクインした国は、1位にオランダ(ランクA)、2位にデンマーク(ランクA)、3位にオーストラリア(ランクB+)となっています。

その他、トップ10には、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、チリなどがランクインしています。(すべてランクB)

MELBOURNE MERCER GLOBAL PENSION INDEX[PDF]

日本の年金制度はランクD、韓国や中国よりも評価が低いという現実

日本の年金システムは世界37カ国中31位で、ランクDの評価となっています。同じランクDには以下のような国が入っています。

  • 中国
  • 韓国
  • 日本
  • インド
  • メキシコ
  • フィリピン
  • トルコ
  • アルゼンチン
  • タイ

同じグループでも上に表示されている国の方が順位は上になります。つまり中国や韓国よりも日本の年金システムは悪いということになります。

ちなみにランクDの評価は以下の通り。

A system that has some desirable features, but also has major weaknesses
and/or omissions that need to be addressed. Without these improvements,
its efficacy and sustainability are in doubt.

ざっくりとGoogle翻訳で訳すと「いくつかの望ましい機能を備えているが、大きな弱点もあるシステムで対処する必要がある。これらの改善がなければ、その機能と持続可能性は疑わしい。」との評価となっています。

ちなみにランクDの下にはランクEが存在していますが、Eランクに該当する国は存在していないので、事実上ランクDが最低評価となっています。

日本の年金システムはやっぱりやばいですね。

受給年齢のさらなる引き上げはもはや避けては通れない

日本の評価は、十分性、持続性、健全性のいずれも低い評価となっていますが、特に持続性が際立って悪い評価を受けています。

対処方法としては、「家計の貯蓄レベルを上げる」「年金の受給年齢の引き上げ」などが挙げられています。

これからさらなる少子高齢化社会を迎えることが確定しているので、「年金の受給年齢の引き上げ」はもはや既定路線でしょうね。

高齢になっても働き続ける未来を想定しつつ、政府には少子化対策および抜本的な年金改革を早急に行ってもらう必要がありそうです。これ以上状況が悪化しないように出来ることからどんどんをやっていってもらいたいものです。

ただ、政治家は責任を取りたくないために、このままダラダラと何もしないという状況が続きそうで怖いですね。今年金をもらっている世代は勝ち逃げ、若い人は日本に見切りをつけて海外へ脱出、現役世代は茹でガエル状態となりそうな予感がします。

関連記事

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    さすが大手の貫禄!野村の個人型確定拠出年金はファンドラインナップが充実

    野村證券は野村ホールディングス傘下の子会社で日本を代表する証券会社の1…

  2. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット

    個人型確定拠出年金には国に頼らずに自分で老後資産を蓄えるという意味合い…

  3. 確定拠出年金/基礎年金

    ネット専業証券としては2社目!楽天証券の個人型確定拠出年金をチェック

    楽天証券は個人型確定拠出年金の受付を2016年9月24日から開始してい…

  4. 確定拠出年金/基礎年金

    2018年の個人型確定拠出年金iDeCo積み立てが完了、5年目の運用利回りはいかほど?

    2014年から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)で積み立て投資を始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行のスマートプログラムがますます便利に!キャッシュバックが50…
  2. ソーシャルレンディング

    行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表
  3. 銀行

    海外送金の「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業譲渡
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年6月】ソーシャルレンディングの分配金は33,963円、maneoは顧…
  5. ファンド

    太陽光発電へ投資を検討している人は要注意!今後、売電価格が半額になる模様
PAGE TOP