確定拠出年金/基礎年金

「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか把握すべし

こんにちは、老後資金2000万円は貯め終わったしんのすけです。

金融庁のワーキンググループがまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」において「老後資産が2000万円不足する」という問題がクローズアップされています。

私もざっくりと読んでみたいのですが、特段騒ぎ立てるような内容ではなく、ごくごく当たり前の内容になっていたので肩透かしを食らった感じさせします。

そもそも年金だけで老後は安泰だなんて誰も言っている訳ではなく、不足分は各自でできる限りの準備をしておくというのは当たり前だと思っていました。そのためマスコミや野党がなぜこれだけ騒ぎ立てるのかちょっと理解に苦しみます。

老後に2000万円不足する根拠

老後に2000万円の必要となる根拠として、高齢夫婦世帯の支出が約26万円/月、それに対して収入が約21万円/月を想定しているようです。

これにより毎月5万円の不足が発生することになります。このため年間60万円の赤字になり、30年間(95歳までの長生きを想定している)で約2000万円の不足が発生するとの試算になります。

ただし、これは会社員を定年まで勤めて厚生年金をしっかりと貰えるケース。自営業やフリーランスなどは基礎年金は満額収めたとしても77万9300円で、約6.5万円/月となり老後の不足金額はもっと跳ね上がることになります。ちなみ平均だと約5.5万円/月になる模様。

自営業は実質的に定年はないようなものなので、長く働けばそれだけ老後資金を軽減できるので個人差が大きくなりそうです。

将来貰える年金額は「ねんきんネット」で確認!

何はともあれ、自分が将来いくらの年金が貰えるのかを把握しておくことは重要です。これを把握しておくことで、老後資金をいくらぐらい貯めておけばよいかイメージしやすくなります。資産運用などで余計なリスクを取りたくないと言う場合でも、貰える年金を把握しておけば、不必要なリスクを取る必要もなくなるかもしれません。

年金定期便の場合、確認できるのはこれまでの「保険料納付額」や「年金加入期間」「加入実績に応じた年金額」しか確認できません。将来の年金見込額の確認をしたい場合、日本年金機構が運営している「ねんきんネット」に登録する必要があります。

ねんきんネット

ねんきんネットの登録に必要なもの

ねんきんネットに登録するには以下のものが必要になります。

  • 基礎年金番号
  • アクセスキー(年金定期便に記載。なくても登録可能)

ねんきんネットで確認できること

ねんきんネットでは以下のものが確認できます。

  • これまでの年金記録
  • 将来の年金見込額の確認
  • 電子版「ねんきん定期便」の閲覧
  • 日本年金機構から郵送された各種通知書の確認

将来の年金見込額が確認できるのはもちろん、様々な条件(アーリーリタイヤや転職など)で計算できるようにもなっています。

また郵送されてくる年金定期便を電子版に切り替えることも可能になっています。紙での郵送は煩わしいという人は切り替えておくと便利ですよ。最初はちょっと面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

まとめ

老後に必要な資金は人によってケースバイケースです。「年金2000万円不足!」なんて言葉に踊らされず、まずは自分は将来いくらの年金が貰えるのか、そして不足があるのであればいくら必要なのかを把握することが大切だと思います。

会社員の人もいれば自営業者もいる。持ち家の人もいれば、賃貸の人もいます。まずは一度じっくりと腰を据えて確認しておくことをおすすめします。1日でもはやく確認しておけば、それだけ準備期間も長くとれることになります。

将来の不安は実際の数値で見える化してみると、対策も立てやすくなるってもんです。見える化して、ますます不安になってしまった場合は、またその時にでも考えましょう。

 

関連記事

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で自分年金!5%の利回りで3400万円になるってよ

    どうも!個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」をコツコツと積み立て…

  2. 確定拠出年金/基礎年金

    2018年の個人型確定拠出年金iDeCo積み立てが完了、5年目の運用利回りはいかほど?

    2014年から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)で積み立て投資を始…

  3. 確定拠出年金/基礎年金

    ネット専業証券としては2社目!楽天証券の個人型確定拠出年金をチェック

    楽天証券は個人型確定拠出年金の受付を2016年9月24日から開始してい…

  4. 確定拠出年金/基礎年金

    さすが大手の貫禄!野村の個人型確定拠出年金はファンドラインナップが充実

    野村證券は野村ホールディングス傘下の子会社で日本を代表する証券会社の1…

  5. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」を賢く活用するための基礎知識

    日本における年金制度は、20歳以上のすべての人が共通して加入する「国民…

  6. 確定拠出年金/基礎年金

    2018年度時点でマイナス2.6%だった個人型確定拠出年金がプラス8.1%まで急回復!

    株価が一時期の落ち込みから回復の兆しがでてきたこともあり、つみたてNI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    ファンドの新規募集を停止していたクラウドバンクが11月28日から業務を再開するこ…
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    SBI証券iDeCoのオリジナルプランからセレクトプランへ移行しない3つの理由
  3. 確定拠出年金/基礎年金

    口座維持手数料がおトク!スルガ銀行の個人型確定拠出年金は守りに定評あり
  4. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・…
  5. 節約

    廃車王の車買取を利用してみた!廃車の手続きや費用で注意すべき5のポイント
PAGE TOP