ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング

【2019年5月】ソーシャルレンディングの分配金は12,085円、SBIで25,236円の貸し倒れが発生

投資中のソーシャルレンディング各社(maneo/クラウドバンク/SBIソーシャルレンディング)から5月分の分配金を受け取りました。

5月はSBIソーシャルレンディングにて25,236円の貸し倒れが確定していまいました。ただ、貸し倒れ金額を差し引いても月ベースでトータル12,085円のプラスを維持することができたのは不幸中の幸いと言えます。

ソーシャルレンディングにおいては相変わらず貸し倒れや延滞などが頻発しているので予断を許さない状況が続いています。

5月の各ソーシャルレンディングの分配金内訳

2019年5月のソーシャルレンディング分配金の内訳は以下の通りになっています。リスクが高めの投資なのである程度の覚悟はしているものの、損失金の確定はあまりいい気分ではありませんね。

運営会社分配金 ※運用額月利
合計12,085円9,881,453円0.12%
maneo8,590円3,072,656円0.28%
SBIソーシャルレンディング▲9,431円3,366,668円▲0.28%
クラウドバンク12,926円3,442,129円0.38%

(※源泉徴収後の金額、損失確定額込み)

 

SBIソーシャルレンディングにて25,236円の貸し倒れが確定しましたが、15,805円の分配金も発生しているのでトータルで▲9,431円と損失額は縮小しています。

また、ここのとろこmaneoから資金を引き上げていることもあり、ソーシャルレンディングでの運用資産額が1000万円を割り込んでいます。これは2016年7月以来のことになります。

その中でもクラウドバンクの安定感がひときわ目立っていますね。このままの調子で行ってもらいたいところですが、そう思い通りにいかないところが今のソーシャルレンディングなんです。

ソーシャルレンディングで情報開示が徐々に進む

金融庁の要請もあってか、ソーシャルレンディング業界で借りての情報開示が徐々に進みつつあります。SBIソーシャルレンディングやクラウドバンクなどにおいては、借手の商号や融資先が特定できる情報の開示を徐々に行っています。

問題なのはmaneoの対応です。他社が情報開示を進めていくことを発表している中で、なにもアナウンスがなく匿名のままファンドを募集し続けています。すぐには対応できなくとも今後の対応などは投資家に説明するべきだと思うのですが、だんまりのままとなっています。

このような不誠実な対応を続けていると、個人投資家から愛想を尽かされてしまうと思うのですが、maneoはなんとも思わないのでしょうかね?ここのところのmaneoの対応の鈍さには呆れてしまうばかりです。

まとめ

ソーシャルレンディングが冴えない状況となっているので、インフラファンドやREITなどの購入を検討しているのですが、なかなか価格が下がってこないのが悩みの種ですね。

取り敢えず今は運用効率が悪くなっていまいますが現金比率を高めつつ、次の暴落時にいつでも購入できるように準備だけはしておきたいと思います。

今年の目標は資産運用額を3000万円を達成したいと思っているのですが、果たしてどうなることやら。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年3月】ソーシャルレンディングの分配金は37,412円、借り手の情報開示で健全化は促進され…

    投資しているソーシャルレンディング各社から3月分の分配金を受け取りまし…

  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年6月】ソーシャルレンディングの分配金は33,963円、maneoは顧客資産を分別管理して…

    早いもので2019年も残り半分となってきました。今年中には資産運用額を…

  3. ソーシャルレンディング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ファンド

    カナディアン・ソーラー・インフラファンドから第3期の分配金、1口当たり3,600…
  2. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」…
  3. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
  4. NISA

    マネックス証券が2016年度以降のNISA口座での国内株(売買)および外国株(買…
  5. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!
PAGE TOP