ソーシャルレンディング

maneoが2015年内を目処にGMOクリックホールディングスと資本業務提携へ

ソーシャルレンディング大手のmaenoは以前から、大手証券会社との提携を匂わせていましたが、その大手証券会社とはGMOグループであることが判明しました。

GMOクリック証券は25万の証券口座、40万のFX口座が開設されている。同社のウェブサイトからmaneoへ送客を図るほか、共同で個人向けに信用力の低い上場企業の社債を取り扱う「個人向けハイイールド債(低格付け債)市場」の創設を検討する。貸付型クラウドファンディングと銀行融資を組み合わせた新しい資金調達サービスの開発も進めていくという。

クラウドファンディング大手のmaneo、GMOクリックと資本業務提携へ

「個人向けハイイールド債市場」の創設を検討

GMOクリック証券でバナーなどを設置してmaneoへの集客に協力するほか、「個人向けハイイールド債市場」の創設を検討してるそうです。

maneoは現時点でもソーシャルレンディング業界ではナンバーワンといっても過言ではない状況ですが、GMOと提携すれば他社をぶっちぎりで引き離してしまいそうな勢いとなりそうです。

ただ1社独占状態は私たち個人投資家にとっては好ましくない状況なので、競合他社にも頑張ってもらいたいところですね。個人的にはSBIソーシャルレンディングあたりにもっと本腰を入れる取り組んでほしいところです。

なにはともあれ、maneoおよびGMOの今後の動向に注目していきたいと思います。

SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒久無料化することを決定前のページ

ジャックスお前もか!漢方スタイルクラブカードやリーダーズカードなどの還元率が次々と改悪次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ファンドの新規募集を停止していたクラウドバンクが11月28日から業務を再開することを発表

    行政処分があけた以降も業務の一部を休止していたクラウドバンクが11月2…

  2. ソーシャルレンディング

    行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表

    本日から行政処分があけて、業務の再開を予定していたクラウドバンクが自主…

  3. ソーシャルレンディング

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ニュース

    中国の外貨準備高が1兆ドル突破!
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年2月】ソーシャルレンディングの分配金は28,170円、今後はコロナシ…
  4. 為替

    中国の人民元対米ドルで最高値を更新
  5. 節約

    日本初の電力自由化に対応!英国ケンブリッジ発の電力比較サイト「エネチェンジ」
PAGE TOP