ソーシャルレンディング

maneoが2015年内を目処にGMOクリックホールディングスと資本業務提携へ

ソーシャルレンディング大手のmaenoは以前から、大手証券会社との提携を匂わせていましたが、その大手証券会社とはGMOグループであることが判明しました。

GMOクリック証券は25万の証券口座、40万のFX口座が開設されている。同社のウェブサイトからmaneoへ送客を図るほか、共同で個人向けに信用力の低い上場企業の社債を取り扱う「個人向けハイイールド債(低格付け債)市場」の創設を検討する。貸付型クラウドファンディングと銀行融資を組み合わせた新しい資金調達サービスの開発も進めていくという。

クラウドファンディング大手のmaneo、GMOクリックと資本業務提携へ

「個人向けハイイールド債市場」の創設を検討

GMOクリック証券でバナーなどを設置してmaneoへの集客に協力するほか、「個人向けハイイールド債市場」の創設を検討してるそうです。

maneoは現時点でもソーシャルレンディング業界ではナンバーワンといっても過言ではない状況ですが、GMOと提携すれば他社をぶっちぎりで引き離してしまいそうな勢いとなりそうです。

ただ1社独占状態は私たち個人投資家にとっては好ましくない状況なので、競合他社にも頑張ってもらいたいところですね。個人的にはSBIソーシャルレンディングあたりにもっと本腰を入れる取り組んでほしいところです。

なにはともあれ、maneoおよびGMOの今後の動向に注目していきたいと思います。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    maneoのガイアファンディングセレクトでも元利金や利息の未回収が発生で、損失額マシマシや

    いや、分かっていたことですよ。でも少しは希望を持ちたかったじゃないです…

  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングの「maneo(マネオ)」で投資口座を開設してみた!

    ソーシャルレンディングサービスを提供している「maneo(マネオ)」で…

  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング歴6年目、自己資金1000万円以上を突っ込んでいる俺の累積損失額を公開

    ソーシャルレンディングへ投資を開始してから6年目に突入した、しんのすけ…

  4. ソーシャルレンディング

    証券監視委、ソーシャルレンディング業者への情報透明化を建議

    証券取引等監視委員会は7日、投資家保護の観点から「貸付け型ファンド」を…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%



 ⇒詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始!ATMや振込みの無料…
  2. ソーシャルレンディング

    予想配当率は2.5%!セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合から利益配当の…
  3. ソーシャルレンディング

    思っていたほど悪くない!クラウドバンクの運用利回りが更新されたので再チェックして…
  4. 不動産投資

    中国とインドの人口増加がやばい!世界の人口動向について
  5. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました
PAGE TOP