ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングのローンファンドにて損失率16%の貸し倒れが発生

SBIソーシャルレンディングで投資していたSBISL借換ローンファンドにて貸し倒れが発生しました。

貸し倒れが発生したファンドは「SBISL借換ローンファンド3年2011年8月第1号」で、2016年1月28日に貸倒損失が確定しました。

こちらのファンドは複数の個人に貸し付けを行うファンドになっていましたが、その内の1名の返済が滞っていたため、民事再生手続を行ってたファンドになります。発生した貸し倒れ金額は以下の通り。

20160201-2

投資額に対する損失率は16.53%と結構高め

このファンドに投資していた金額は1万円だったので貸倒損失額は-1,653円となり、この金額自体は大したことはありません。ただ、投資額に対する損失は16%と決して低い数字ではありません。(分配金を含めれば実際の損失額はもう少し減少します)

もし仮に100万円をこのファンドに投資していたら損失額165,300円と結構な金額となっているところでした。このファンドには2011年に投資していましたが、このころは様子見で恐る恐る少額投資をしていた時期でもあったので、たまたま助かったと言えます。

現在SBIソーシャルレンディングではSBISL借換ローンファンドの新規募集を行っていませんが、募集を停止したのはやはり個人向けの融資はリスクが高いことが原因の1つと言えます。

まあ、トータルでリターンが出ていれば多少の損失が発生しても許容できます。もちろんトータルリターンで利益が出なくなれば撤退も視野に入ってきます。

引き続き分散投資を心がけながらソーシャルレンディングへの投資を行っていきたいと思います。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ファンドの新規募集を停止していたクラウドバンクが11月28日から業務を再開することを発表

    行政処分があけた以降も業務の一部を休止していたクラウドバンクが11月2…

  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年1月】ソーシャルレンディングの分配金は46,695円、maneoの自己資金は順次撤収中

    投資しているソーシャルレンディング3社から2019年1月分の分配金を受…

  3. ソーシャルレンディング

    業務停止中のクラウドバンク、顧客の残高に不備!業務再開まで1ヶ月ないけど大丈夫?

    証券取引等監視委員会から行政処分を受けて、業務改善中のクラウドバンクか…

  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年6月】ソーシャルレンディングの分配金は33,963円、maneoは顧客資産を分別管理して…

    早いもので2019年も残り半分となってきました。今年中には資産運用額を…

  5. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針

    遅きに失した感がありますが、果たして健全化への第一歩となるのでしょうか…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ニュース

    2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間 金融商品の利益に復興…
  2. 書評

    億万長者になる人間は普通の人とどこが違う?資産を築く7つのポイント
  3. ファンド

    SBI証券が国内最安の信託報酬であるインデックスファンド「日経225インデックス…
  4. ソーシャルレンディング

    maneoの延滞案件がまたも元本割れ、だたし回収率は過去最高の模様
  5. サービス

    マンションの参考価格がまる見え!HOME’S プライスマップがリリー…
PAGE TOP