ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングのローンファンドにて損失率16%の貸し倒れが発生

SBIソーシャルレンディングで投資していたSBISL借換ローンファンドにて貸し倒れが発生しました。

貸し倒れが発生したファンドは「SBISL借換ローンファンド3年2011年8月第1号」で、2016年1月28日に貸倒損失が確定しました。

こちらのファンドは複数の個人に貸し付けを行うファンドになっていましたが、その内の1名の返済が滞っていたため、民事再生手続を行ってたファンドになります。発生した貸し倒れ金額は以下の通り。

20160201-2

投資額に対する損失率は16.53%と結構高め

このファンドに投資していた金額は1万円だったので貸倒損失額は-1,653円となり、この金額自体は大したことはありません。ただ、投資額に対する損失は16%と決して低い数字ではありません。(分配金を含めれば実際の損失額はもう少し減少します)

もし仮に100万円をこのファンドに投資していたら損失額165,300円と結構な金額となっているところでした。このファンドには2011年に投資していましたが、このころは様子見で恐る恐る少額投資をしていた時期でもあったので、たまたま助かったと言えます。

現在SBIソーシャルレンディングではSBISL借換ローンファンドの新規募集を行っていませんが、募集を停止したのはやはり個人向けの融資はリスクが高いことが原因の1つと言えます。

まあ、トータルでリターンが出ていれば多少の損失が発生しても許容できます。もちろんトータルリターンで利益が出なくなれば撤退も視野に入ってきます。

引き続き分散投資を心がけながらソーシャルレンディングへの投資を行っていきたいと思います。

ソーシャルレンディング最大手のmaneoの累計投資額が400億円を突破前のページ

住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始!ATMや振込みの無料回数がランクに応じて変更される次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

    maneoが2015年内を目処にGMOクリックホールディングスと資本業務提携へ

    ソーシャルレンディング大手のmaenoは以前から、大手証券会社との提携…

  3. ソーシャルレンディング

    ファンドの新規募集を停止していたクラウドバンクが11月28日から業務を再開することを発表

    行政処分があけた以降も業務の一部を休止していたクラウドバンクが11月2…

  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングの「maneo(マネオ)」で投資口座を開設してみた!

    ソーシャルレンディングサービスを提供している「maneo(マネオ)」で…

  5. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【配当金】maneoから2017年10月分20,662円の分配金を頂きました

    ソーシャルレンディング最大の手maneo(マネオ)から、2017年10…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    証券監視委、ソーシャルレンディング業者への情報透明化を建議
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか…
  3. 書評

    ロバート・キヨサキも絶賛「実践!億万長者入門」生涯続く「無限の富」を得る方法
  4. 不動産投資

    中国とインドの人口増加がやばい!世界の人口動向について
  5. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国
PAGE TOP