ソーシャルレンディング

予想配当率は2.5%!セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合から利益配当の支払い

SBI証券で募集していたセムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合2012年7月第1号から利益配当の支払い通知がきました。この金融商品は、不動産担保貸付事業に投資することにより、その利息収入による配当が支払われることになっています。

予想配当率は2.5%で、貸付実行期間終了後最長1年間となっています。お試しで少額ではありますが投資してみました。2.5%という配当はソーシャルレンディングの中でもかなり配当が低い部類に入りますね。その分リスクが低くなっているということなんでしょうか。

SBI証券から毎月支払いの通知が来るのですが、ゴミになるのでpdfファイルで十分だと思うのは私だけではないはず。

現在この金融商品は募集を行なっていませんが、需要があればまた募集を行うかな?どうやら試験的に行っているようで、単発で終わりそうな予感がしますね。

どうせならSBIソーシャルレンディングをSBI証券に取り込んで、ハイブリッド預金からシームレスで投資できるようにした方が投資家の使い勝手がよくなると思います。SBIの今後の改善に期待したいところです。

【追記】セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合第2号への投資は見送り

SBI証券でセムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合2012年12月第2号の募集を行なっていますが、今回は投資を見送りたいと思います。第1号へ少額ではありますが投資をしているのですが、リスクとリターンがイマイチと感じますね。

投資家への予想配当率は2.5%となっていますが、繰り上げ返済や配当金に対する税金などで配当金はかなり低いものとなっています。また、貸出先への金利が6.0%~9.5%に対して、配当金が2.5%。ちょっと手数料が高すぎですね。貸し倒れリスクは投資家が背負うのであれば、手数料と配当金の利率を逆にするのが妥当ではないかなと感じます。

セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合に投資する際は、ポートフォリオのごく一部に抑えることをおすすめします。

 

最強の投資家に共通する23の習慣とは?「バフェットとソロス勝利の投資学」前のページ

2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間 金融商品の利益に復興特別所得税2.1%が付加されます次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングの「maneo(マネオ)」で投資口座を開設してみた!

    ソーシャルレンディングサービスを提供している「maneo(マネオ)」で…

  3. ソーシャルレンディング

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入…
  2. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の延滞債権の回収完了、利回りは−1…
  3. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円
  5. 書評

    22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法「日経平均を捨ててこの日本株を…
PAGE TOP