ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングで分配金の計算ミスが発生、前回の教訓が生かされていない模様

SBIソーシャルレンディングは5月15日、金額計算の誤りにより投資家に支払うはずの利息分配金額が不足している事を発表しました。

不足分の分配金に関しては、再計算及び精査を行った後に遅延による損害遅延金が上乗せされた金額が投資家の口座に振り込まれるようです。

分配金の不足のお詫びと再分配対応についてのお知らせは以下の通りになっています。

本日付で実施いたしました、下記ファンドの投資家の皆様への分配について、弊社における金額計算の誤りにより、利息分配金額が不足している事が判明いたしました。
お詫び申し上げますとともに、不足分の分配についてお知らせいたします。

不足している利息分配金額につきましては、再計算及び精査を行った後、2019年5月17日以降に、お客様の口座に再分配(※)いたします。
なお、借手の支払遅延を原因とするものではございません。

(※)本件は、弊社に起因する分配遅延であるため、匿名組合契約に基づき、弊社の負担で、下記の計算方法で算出した遅延損害金を併せて送金いたします。
遅延した額×年率14%÷365日(うるう年の場合は366日)×経過日数

■対象ファンド
J0130 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年3月第1号
J0133 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年4月第2号
J0135 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年5月第2号
J0137 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年6月第2号
J0138 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年7月第1号
J0139 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年7月第2号
J0142 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年9月第1号
J0143 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年9月第2号
J0146 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年11月第1号
J0149 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2018年12月第2号
J0151 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2019年1月第2号

 

「SBISL不動産担保ローン事業者」ファンドのみが対象

対象となるファンドは「SBISL不動産担保ローン事業者」系のファンド11本。オーダーメード型ファンドやカンボジア技能実習生支援ローンファンドなどは含まれていません。

私も分配金が振り込まれるたびに分配金を計算するようにしていたのですが、今回の不足金に関しては気づくことができませんでした。ある程度金額が大きくなれば異常に気づけるのですが、いつもの分配金額とそれほど乖離していなかったので分からなかったですね。

多分、今回の不足金額はそれほど大きい額にはならないのではないかと思われます。

金融機関としてお金のデータ管理が杜撰すぎやしないか?

SBIソーシャルレンディングが金額のミスをしたのは今回が始めてではありません。前回はシステム障害(本当かな?)によってSBISL不動産バイヤーズローンにおいて「運用中元本残高」がおかしくなるという不具合が発生しています。

こちらは金額の乖離が大きかったため、私がSBIに指摘して発覚しています。

ソーシャルレンディングの信用残高が「0」になりそう

ただでさえ、ソーシャルレンディング業界全体がデフォルトや延滞発生などで信用が失墜している状況にあります。その上で、このような基本的なお金のデータ管理や計算なども満足にできないとなると信用も何もあったもんじゃありません。

このような杜撰な管理が続いてしまうと、「これまでの分配金は大丈夫なのか?」「他にも計算ミスがなるんじゃないか?」と考えてしまうのが普通の感覚ではないでしょうか?

投資なので、100歩譲ってデフォルトや延滞などが発生してしまうのは仕方のないことかもしれません。ただその他のところで余計なリスクを抱えるのは勘弁願いたいです。

まとめ

本来ならあってはならないことが連続して発生してしまっています。ソーシャルレンディングは比較的新しい分野で、ベンチャー企業が運営しているとはいえ、投資家は信頼してお金を預けているのでもっと危機感を持って管理しなければいけないと思います。

今後は同様のミスが発生しないように徹底的な原因究明と再発防止策をお願いしたいですね。

ここのところソーシャルレンディング暗いニュースが続いています。そろそろ明るいニュースもほしいところです。

【追記】5.16に分配金の表示に関する障害が発生

言っているそばから、また分配金の表示に関する障害が発生した模様。障害というよりも、ただ単に計算をミスってるだけのような気もしないではない感じがするんですけどね・・。

金融業者としてデータ管理が杜撰すぎるよ、本当に。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    maneoの延滞案件がまたも元本割れ、だたし回収率は過去最高の模様

    延滞案件が続出しているソーシャルレンディング大手のmaneoですが、遅…

  2. ソーシャルレンディング

    クラウドバンク口座開設&3億円突破記念ファンドに投資&改善点要望など

    まえまえから口座開設を検討していたソーシャル型のクラウドレンディングサ…

  3. ソーシャルレンディング

    ガイアファンディングお前もか!全ファンドの利息喪失および元利金の未回収が発生

    2018年はソーシャルレンディングにとって大きな転換点となりそうな雰囲…

  4. ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円

    投資を行っているソーシャルレンディング3社から2018年10月分の分配…

  5. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針

    遅きに失した感がありますが、果たして健全化への第一歩となるのでしょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 確定拠出年金

    2018年の個人型確定拠出年金iDeCo積み立てが完了、5年目の運用利回りはいか…
  2. ファンド

    アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファン…
  3. ソーシャルレンディング

    【2019年1月】ソーシャルレンディングの分配金は46,695円、maneoの自…
  4. 不動産投資

    総合金融グループHSBC(香港上海銀行)にて投資用物件のローン借り入れを実施
  5. ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円
PAGE TOP