ニュース

トヨタ社長「終身雇用の継続は難しい」発言で、ますます高まる資産運用の重要性

トヨタの豊田章男社長が「企業にあまりインセンティブがない」ことを理由に、終身雇用の継続が困難であるとの認識を示しました。いよいよ日本の会社でも「終身雇用」の崩壊が本格的に始まりつつある段階にきているようです。

たしかどこかの経済団体のお偉いさんも同じように終身雇用を守れないと発言していた記憶があるので、経済界が足並みをそろえてきているのは間違いなさそうです。

以前から終身雇用は終わりつつあるという雰囲気はジンワリとありましたが、「令和」に突入してから一気に表面化してきたように感じます。これらの発言から経済団体や大手企業などは解雇をやりやすい制度の法整備を早急に整えたいような雰囲気がプンプンしてきます。

ここ最近でも「働き方改革による残業の削減」「副業の推進」「同一労働同一賃金」など労働環境の変化が目まぐるしく変化してきています。

終身雇用が終われば、35年ローンとかは怖くて、一部の人以外は利用できなくなりそうですよね。転職することが当たり前になれば持ち家派よりも賃貸派という人が急速に増えてくる可能性だってあります。サブスクリプション住宅サービス(定額で気軽に借りられる賃貸サービス)などももっと盛り上がっていくかもしれませんね。

大きな変化の波が押し寄せてきている感じがします。変化に対応できない人はドンドンと取り残されてしま時代になりそうです。

収入の1本足打法はますます危険に、資産運用をやっとけ

こうなってくると1つの会社で滅私奉公して定年まで勤め上げれば安泰というわけにはいかなくなってきます。例え年収が1200万円あったとしても、クビになったらハイそれまでよ。収入は0円になってしまいます。すぐに転職先が見つかるような有能な人であればそれでも問題ないかもしれませんが、そう簡単にいかない人も少なくはないでしょう。

それであったら収入口を複数にして300万円×4=1200万円などとした方が、1つが駄目になってもいきなり収入が0になることはないので安心感はあります。現実はこんな単純にはいきませんが、やはり収入の1本足打法には危険がつきまとうことは確かです。

収入口を増やす方法としては副業という手もありますが、仕事が忙しい場合にはなかなか手を付けられないケースも多々あることでしょう。アルバイトのような単純に時間労働を増やすだけの副業はあまりおすすめできるものではありません。

可能であれば自分がそこにいるかいないかにかかわらず収入が入ってくるようなものが望ましいです。そこでおすすめなのが資産運用です。資産運用であれば、ほとんど時間をかけることなる収入を増やすことが可能です。もちろんリスクもありますが、ある程度のコントロールは可能になっています。

幸いにも資産運用には国が優遇してくれる制度が整っています。それが「個人型確定拠出年金(iDeCo)」「NISA/つみたてNISA」です。

個人型確定拠出年金は、「掛金が全額所得控除される」「運用益がすべて非課税」「公的年金等控除や退職所得控除が適用される」などの税制優遇措置が用意されています。

 

NISAに関しても個人型確定拠出年金ほどの優遇措置はありませんが、「運用益がすべて非課税」というメリットがあります。

時間もあまりかける必要なく、一度設定を行っておけば自動的に積み立てを行ってくれるので、普段仕事で忙しい人にも向いています。終身雇用がいつなくなるかビクビクしても仕方ありません。自分でできる防衛策を見つけて実行していくしか道はありません。

資産運用は小さく始めて大きく育てていくという気持ちが大切です。まずは第一歩を踏み出してみることをおすすめします。

関連記事

  1. ニュース

    中国における今後の気になるイベント

    今後、数年の間に起こる中国のイベントについてまとめてみました。20…

  2. ニュース

    マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延期

    いよいよマイナンバーの運用開始が間近に迫ってきています。そのような中、…

  3. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ

    アメリカの格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は…

  4. ニュース

    中国の外貨準備高が1兆ドル突破!

    中国の金融当局者の発表によると、中国の外貨準備高がまもなく1兆ドル(約…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. クレジットカード/キャッシュレス

    リボ払いの利率が高すぎる!クレジットカードを利用するなら一括払いが基本
  2. 銀行

    住信SBIネット銀行が2016年1月より「スマートプログラム(仮称)」を開始!ラ…
  3. 節約

    自動車の生涯コストは4000万円オーバー!コストカットして資産運用の原資に充てる…
  4. サービス

    仲介手数料は一律49.8万円!マンション売買専門のネット仲介サイト「マンションマ…
  5. ニュース

    2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間 金融商品の利益に復興…
PAGE TOP