銀行

マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」を開発

無料で利用できる全自動家計簿アプリのマネーフォワードが住信SBIネット銀行や静岡銀行と業務提携を行いました。

これにあわせて、SBIホールディングス、静岡銀行およびジャフコから10億円の資金調達を予定しています。

マネーフォワード、住信SBIネット銀行および静岡銀行との業務提携契約を締結

住信SBIネット銀行との連携に期待!

corp.moneyforward.com_aboutus_20150825-sbi-shizugin-mf2_

個人的に気になったのは現在利用している住信SBIネット銀行との連携です。

この連携により今後、住信SBIネット銀行向けに「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」を開発していくとのこと。マネーフォワードの蓄積されたノウハウを活用してくると思われるので、これはかなり期待できそうです。

ただ、この手のアプリだとお金の情報を渡すわけで、パスワードの管理が心配なところ。しかし、住信SBIネット銀行が接続APIを提供するので利便性を維持しつつ、更に強固なセキュリティレベルを実現できるようです。

さらにSBIで確定拠出年金を管理しているSBIベネフィット・システムズと共同で新サービスを開発するそうです。

SBIグループの金融サービを使っている人にとっては今後の動向が気になる業務提携と言えるのではないでしょうか。いちユーザーとしても今後の展開が楽しみです。

これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定前のページ

未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた次のページ

関連記事

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始!ATMや振込みの無料回数がランクに応じて…

    住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始しています。…

  2. 銀行

    海外送金の「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業譲渡

    海外送金サービスで有名な「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業…

  3. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?

    私は不動産を購入する際、北京にあるHSBCから融資を受けました。もちろ…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 節約

    Windows7サポート終了!Windows10へ無償アップグレードする方法【ま…
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年1月】ソーシャルレンディングの分配金は34,430円、maneoの延…
  3. 書評

    「日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目」その理由とは?
  4. 【配当金】中国株の華能国際電力(902)から2016年度の期末配当を頂きました
  5. 書評

    低位株は個人投資家にチャンスあり!低位株投資5つの戦術
PAGE TOP