NISA

これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定

楽天証券で取引をしている人にはうれしいお知らせ!

楽天証券は8月21日、NISA口座内での国内株式(売買両方)と海外ETF(買付のみ)の手数料を2016年以降も継続して実質0円にすることを発表しました。

恒久化決定!NISA口座の国内株式(売買)/海外ETF(買付)の手数料は実質0円!

 

2015年においてもNISA口座内での国内株式(売買両方)と海外ETF(買付のみ)の手数料を実質0円となっていましたが、2016年以降これを恒久化するとのことです。

さすがに海外ETFの売買両方無料とはいかなかったようですが、これはかなり太っ腹ではないでしょうか。楽天証券さんグッジョブです。

楽天証券が手数料無料化に踏み切ったことで、私が利用しているSBI証券がどのような手数料体系で対抗するのかが気になるところです。いつものパターンだと追随してくるでしょうね。

SBIカードが2015年10月1日から年会費とポイントプログラムを改定!何度確認してもガッカリの内容前のページ

マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」を開発次のページ

関連記事

  1. NISA

    【積立2年目】2019年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた利…

    2018年から始まった少額投資非課税制度のつみたてNISAですが、早い…

  2. NISA

    SBI証券のつみたてNISAでNISA投資枠を限度いっぱいまで使い切る方法

    2018年からSBI証券のつみたてNISAで積立を行っているのですが、…

  3. NISA

    iDeCo(イデコ)とつみたてNISAで失敗しないための併用方法 違いや使い分けも解説

    こんにちは、iDeCo(イデコ)で積立5年目、つみたてNISAで積立2…

  4. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた結果は?

    2018年から始まった新しい少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立…

  5. NISA

    資産運用を始めるならつみたてNISAがおすすめ、1年で100万口座を突破したってよ

    金融庁は2019年2月13日「NISA(ニイサ)の日」、2018年12…

  6. NISA

    NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)のIPOに申し込…

    2015年11月4日に、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行が上場を…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    クラウドバンクで投資している人は要確認!新規ファンドの分配日が翌月5営業日→10…
  2. ソーシャルレンディング

    SBI証券にSBIソーシャルレンディングとの連携を強化するようにリクエストしてみ…
  3. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット
  4. 書評

    今の20代は親世代と比べて5000万円のハンディがある!「20代で知っておきたい…
  5. 節約

    その新型iPhone本当に必要?格安SIMでスマホ代を節約して投資資金を確保せよ…
PAGE TOP