NISA

マイナス9.69%だった2018年度のつみたてNISAがいつの間にかプラ転してた

2018年から開始したつみたてNISAですが、2018年度の成績はマイナス9.69%とかなり残念な結果となっていました。ただ、つみたてNISAの投資期間は20年間とかなりの長丁場です。たった1年の結果だけで判断するものではないので、2019年度も引き続きコツコツと積み立てを継続しています。

そのような中、最近の株価上昇を受けて2018年のつみたてNISAがプラスに転じていました。2019年のつみたてに関してもプラスで推移しているようです。

マイナス9.69%からプラス2.89%と大きく改善

まだまだ積み立てている金額が少ないので、利益的には大したことはありませんが、やはりマイナスよりプラスになったほうが気分はいいものです。

2018年12月末時点での成績

2018年12月末時点でのつみたてNISAは391,798円の積み立てに対して、評価額が353,852と-37,966円(-9.69%)となっていました。

2019年2月末時点での成績

これが2019年2月28日時点では以下のようになっています。

2018年の評価額が403,131円となり利回りも2.89%とプラスに改善しています。2019年の積み立てに関しても6.29%となかなかの利回りを確保しています。

短期的な損得は気にせずにコツコツと継続して積み立てることが重要

2018年時点での結果だけをみて、積み立ては駄目だと判断して投資をやめてしまったという人も少なからずいるかもしれません。ただ、短期的な利益だけをみて判断するのはおすすめではありません。

今回のように2ヶ月たらずで、プラスに転じることもあります。もちろんこの逆で、マイナスが拡大してしまう可能性もありますが・・。ただ、将来的に値上がりが期待できる金融商品であれば、短期的な損益に一喜一憂するのではなく、「値下がりしたら安く購入できる」「値上がりしたら資産が増えてうれしい」くらいの気持ちでドンと構えていることが肝心です。

こちらの記事でも紹介していますが、保有期間が20年であれば投資収益は2〜8%に収斂されることがデータとして出ています。100万円を20年間投資したら185万円から321万円になるということです。

まとめ

一番いいのは一度積み立ての設定をしておいたら20年後でほったらかしにしておくというものです。これなら短期的な利益に一喜一憂することはありませんが、ほとんどの人にとって実行するのは難しいでしょうね。

まあ、定期的チェックはするけど、損得にかかわらず積み立ては続けるというルールを自分に課すのが現実的です。

焦らずにじっくりと資産を積み立てていきたいものです。

maneoから延滞していた2件の融資案件に関する回収報告あり、残念ながら共に元本割れの模様前のページ

ミライノカード(JCB)で「お支払い総額からの減算」の交換レートが2倍にUP次のページ

関連記事

  1. NISA

    【積立2年目】2019年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた利…

    2018年から始まった少額投資非課税制度のつみたてNISAですが、早い…

  2. NISA

    SBI証券のつみたてNISAでNISA投資枠を限度いっぱいまで使い切る方法

    2018年からSBI証券のつみたてNISAで積立を行っているのですが、…

  3. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定

    楽天証券で取引をしている人にはうれしいお知らせ!楽天証券は8月…

  4. NISA

    iDeCo(イデコ)とつみたてNISAで失敗しないための併用方法 違いや使い分けも解説

    こんにちは、iDeCo(イデコ)で積立5年目、つみたてNISAで積立2…

  5. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた結果は?

    2018年から始まった新しい少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    さすが大手の貫禄!野村の個人型確定拠出年金はファンドラインナップが充実
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年11月】ソーシャルレンディングの分配金は31,512円、遅延案件は債…
  4. 雑記

    宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、…
  5. 不動産投資

    不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い
PAGE TOP