NISA

NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)のIPOに申し込んでみるのがよいかも

2015年11月4日に、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行が上場を予定しています。

市場にとっては今年最大級のイベントと言っても過言ではないでしょう。3社の価格はどれくらいになるのか調べてみたところ以下の様な想定価格になるようです。

  • 日本郵政:1,350円
  • かんぽ生命保険:1,400円
  • ゆうちょ銀行:2,150円

SBIの申し込み単位をチェックしたところ、すべて100株単位となっていました。

新規上場株式 公募増資・売出ブックビルディング情報

 

  • 日本郵政:1,350円×100=135,000円
  • かんぽ生命保険:1,400円×100=140,000円
  • ゆうちょ銀行:2,150円×100=215,000円

合計で490,000円となり比較的手が出しやすい価格となっています。NISA枠に収まるのも良いですね。

当たるかどうかは分からないし、当たっても必ずしも利益が出るかどうかは分かりませんが、余裕資金があるならIPOに申し込んでみるのも面白いかもしれません。

取り敢えず申し込みだけはしてみたいと思います。当たったらこちらのブログでも報告します。

自動車の維持費を削減したい人は要チェック!DeNAが個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を開始前のページ

格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ次のページ

関連記事

  1. NISA

    マイナス9.69%だった2018年度のつみたてNISAがいつの間にかプラ転してた

    2018年から開始したつみたてNISAですが、2018年度の成績はマイ…

  2. NISA

    iDeCo(イデコ)とつみたてNISAで失敗しないための併用方法 違いや使い分けも解説

    こんにちは、iDeCo(イデコ)で積立5年目、つみたてNISAで積立2…

  3. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた結果は?

    2018年から始まった新しい少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立…

  4. NISA

    SBI証券のつみたてNISAでNISA投資枠を限度いっぱいまで使い切る方法

    2018年からSBI証券のつみたてNISAで積立を行っているのですが、…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 「日本郵政グループ3社」の売り出し価格が出揃う&SBI証券IPO抽選結果
  2. サービス

    空き駐車場をマッチングするサービス「軒先パーキング」
  3. 雑記

    マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下…
  4. 書評

    ビットコインは投資対象というよりは社会にもたらす変化について注目すべし
  5. 書評

    個人事業主・フリーランスのための節税入門!領収書を経費にするために憶えておくべき…
PAGE TOP