NISA

NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)のIPOに申し込んでみるのがよいかも

2015年11月4日に、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行が上場を予定しています。

市場にとっては今年最大級のイベントと言っても過言ではないでしょう。3社の価格はどれくらいになるのか調べてみたところ以下の様な想定価格になるようです。

  • 日本郵政:1,350円
  • かんぽ生命保険:1,400円
  • ゆうちょ銀行:2,150円

SBIの申し込み単位をチェックしたところ、すべて100株単位となっていました。

新規上場株式 公募増資・売出ブックビルディング情報

 

  • 日本郵政:1,350円×100=135,000円
  • かんぽ生命保険:1,400円×100=140,000円
  • ゆうちょ銀行:2,150円×100=215,000円

合計で490,000円となり比較的手が出しやすい価格となっています。NISA枠に収まるのも良いですね。

当たるかどうかは分からないし、当たっても必ずしも利益が出るかどうかは分かりませんが、余裕資金があるならIPOに申し込んでみるのも面白いかもしれません。

取り敢えず申し込みだけはしてみたいと思います。当たったらこちらのブログでも報告します。

関連記事

  1. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定

    楽天証券で取引をしている人にはうれしいお知らせ!楽天証券は8月…

  2. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた結果は?

    2018年から始まった新しい少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 雑記

    マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット
  2. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
  3. サービス

    アパート・マンションの大家さんにおすすめ!全国の家賃相場や空室率をチェックできる…
  4. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
  5. 雑記

    宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、…
PAGE TOP