節約

自動車の生涯コストは4000万円オーバー!コストカットして資産運用の原資に充てるべし

資産運用をする上で、原資の積み増しは大変重要な要素の1つとなっています。毎月積み立てられる資金が多くなればなるほど、資産運用が有利になることはことは間違いありません。もちろん一括でドカッと資産運用に充てられるのであればそれに越したことはありませんが、ほとんどの人にとってはあまり現実的ではないと思います。

では、毎月コツコツと原資を積み増していくためにはどうしたらよいでしょうか。すぐに思いつくのが本業で昇進したり、副業を始めて収入先を増やすことなどが考えられます。ただこれはけっこう難易度が高く、結果を出せる人は一部の人に限られてしまう恐れがあります。

その一方で支出を減らす、すなわち節約することであれば比較的簡単に誰でも実行することができます。「毎月3万円の収入を増やす」のでも、「毎月3万円の支出を減らす」のでも、手元に残るお金は同額になるということです。

コストは大きいところから見直せ

家計の支出を減らすために、節約を考えるのは悪くありません。ただ、数百円を節約するために必要以上の時間を掛けるのは効率の良いやり方ではありません。

支出を減らすなら費用対効果の高いものを優先的に見直すのが得策です。一般的に家計の支出で大きいものといえば以下のものが挙げられます。

  • 住宅 6000万円
  • 自動車 4000万円(軽の場合 2000万円)
  • 教育 1000〜2500万円
  • 保険 1000万円

もちろん個人差がありますので。あくまでざっくりとした数字で参考程度に考えてもらえらばよいでしょう。

「住宅」「保険」「教育」などが高いのはもちろん、「自動車」が4000万円と高いのは意外です。軽自動車の場合は半額程度の2000万円くらいになりますが、それでもかなりのコストが掛かっています。

ここでは「自動車」についてピックアップして取り上げていきたいと思います。ちなみに自動車のコストに関してはこちらの記事を参考にさせて頂きました。

車にかかる費用は生涯で約4000万円!

確かホリエモンの本でも自動車の生涯コストは4200万円くらいかかると言っていたので、大きくは間違っていないのかなと思います。

レンタカー/シェアリング/タクシー/公共交通機関など代替えを検討してみる

自動車にかかるコスト4000万円というのは、年間80万円×50年(20〜70歳)を想定しているようです。「車本体の購入費」「ガソリン代」「車検代」「自動車保険」「自動車税」などトータルの費用を合わせて年間80万円となっています。

ちょっと盛すぎのような感じもしますので、自分のケースでざっくりと計算してみましたが、年間50万円くらいになりそうです。50万円×50年=2500万円となり、それでもかなりのコストになることが分かります。まあ、このへんはやはりケース・バイ・ケースといったところでしょうか。

ちなみに年間80万円=月額6.6万円を毎月積み立てて50年間5%で運用すると1億7790万円にもなります。

仮にマイカーを手放してレンタカーやシェアカー、タクシーあるいはバスや電車などの公共交通機関を利用して年間40万円を削減できたとします。年間40万円=月額3.3万円を毎月積み立てて50年間5%で運用すると8895万円になります。40年でも5086万円。

資産運用にまわせないことによる機会損失は思ったよりも大きいことが分かります。

まとめ

自動車は1日1時間乗ったとしても稼働率は1÷24=約4.2%程度にしかなりません。通勤や通学、あるいは仕事の都合上、絶対に必要な場合をのぞけば自動車を所有するメリットがあまりなくなってきているのが現状です。「若者のクルマ離れ」なんて言われていますが、ただ単に合理的な行動をしているだけのような感じすらします。

特に週末ドライバーであれば、積極的にレンタカーやシェアカーなどを検討するのが得策と言えます。そして節約で浮いたお金の一部あるいは全部を資産運用の原資に充てれば、将来的に大きな果実を享受することができるでしょう。

どうしても車を所有したいと言う人は、このようなサービスを活用して維持費を削減してみてはいかがでしょうか。

 

私の場合、現時点では車を手放すことはちょっと難しい状況となっています。ただ、近い将来引っ越しを考えているので、そのときには自動車を手放せる環境を積極的に検討したいと思っています。もちろん節約できたお金は資産運用に充てるつもりです。

関連記事

  1. 節約

    「消費税10%」増税前に必ずやっとけ!電力料金を「一律5%+α」安くする方法

    引っ越しを契機に、電力会社の見直しを行いました。一昔前だったら一般家庭…

  2. 節約

    自動車の維持費削減になる?ガリバーが2016年春から月額定額制の車乗り換えサービスを開始

    価格次第では利用したいかも!ガリバーインターナショナルは12月…

  3. 節約

    「持ち家 VS 賃貸」はもう古い、第三の選択肢サブスクリプション型住居サービスという選択

    家計の支出の中で最も大きく、不動の地位を確立しているのが「住宅費」。こ…

  4. 節約

    一人暮らしにドラム式洗濯機は贅沢?いや、「干す」「取り込む」という労働から解放されるコスパの良い投資…

    引っ越しを契機に、人生ではじめてドラム式洗濯機を導入してみました。…

  5. 節約

    冷房だけじゃない!エアコンの暖房もつけっ放しの方が電気代の節約になる

    今年の冬はエルニーニョ現象の影響で厳しい寒さではありませんが、やはり暖…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ニュース

    マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延…
  2. ソーシャルレンディング

    思っていたほど悪くない!クラウドバンクの運用利回りが更新されたので再チェックして…
  3. 不動産投資

    ロッジのオーナーにもなれる!「がっちりマンデー!!」で紹介されたロードサイドホテ…
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年6月】ソーシャルレンディングの分配金は33,963円、maneoは顧…
  5. ファンド

    1,000円から売買可能なETF「上場インデックスファンド日経 225(ミニ)」…
PAGE TOP