NISA

資産運用を始めるならつみたてNISAがおすすめ、1年で100万口座を突破したってよ

金融庁は2019年2月13日「NISA(ニイサ)の日」、2018年12月末時点でつみたてNISAの口座数が104万口座に達し、買い付け額は927億4654万円となったことを発表しました。

つみたてNISAは2018年1月1日から始まった個人投資家向けの少額投資非課税制度で、非課税枠年40万円が最長20年、合計800万円の節税効果が期待できる制度となっています。制度開始から1年で100万口座を達成したことになります。

ちにみにNISAには「つみたて」の他にも「一般」という枠もあり、こちらは年間120万円までの投資による利益が、最長5年間まで非課税になる制度となっています。

NISA(一般+つみたて)の総口座数は、1246万6912口座、買い付け金額は15兆7218億3403万円となっていて、なかなかの規模に成長してきているようです。

金融庁では、家計の安定的な資産形成を図る観点から、つみたてNISAの普及・利用促進に向けた取組みを行っています。

今般、つみたてNISA口座数が100万口座を突破したことを踏まえ、NISA(一般・つみたて)の現状や、その普及に向けた取組みについてまとめましたので、関連資料を公表いたします。

つみたてNISA口座数と普及に向けた取組みについて

 

つみたてNISAの現状

金融庁が作成した資料から、つみたてNISAの現状を抜粋すると以下のようなことが分かります。

  • 20−40代が7割りを占める
  • 年代別増加率は50代30.2%、20代が28.4%と続く
  • 新規開設が8割り、一般NISAからの切り替えが2割り
  • 「つみたてワニーサ」というキャラがいるが、ほとんど知られていない

ちなみに一般NISAの割合は50−70代が7割りを占めています。既に資産が潤沢にある世代は「一般NISA」、これから資産を形成していきたい世代は「つみたてNISA」を使うという傾向があるようです。

やり方を間違えなければ投資で勝てる!

資料の中で、国内外の株式・債券に積立・分散投資した場合の収益率(実績)が公開されています。

(出典:長期・積立・分散投資①)

こちらの資料によると、投資期間が5年ほどの場合、100万円投資すると72万円〜173万円になる可能性があり、投資期間が20年の場合100万円が185万〜321万円になるようです。

あくまで過去のデータによるもので、将来的な収益を約束してくれるものではありませんが、投資期間が長くなるほど負けるリスクは少なくなることが分かります。また、国内の株・債券だけに投資するよりもプラスして、先進国および新興国の株・債券に投資した方が利回りが良くなることが分かります。

基本的に投資で大切なことは「長期」「積み立て」「分散投資」の3つ。これに加えるとしたら「低コスト」と「インデックス」あたりでしょうか。この辺をしっかりと抑えておけば、投資で勝てる確率が高くなることは間違いありません。逆にいうと、ここからはずれると負ける確率が高くなるということです。

まとめ

資産運用を始めてみたいけれど、何から投資するばよいのかわからないという人にはつみたてNISAを使って全世界株式あるいは全米株式のインデックスファンドを積み立てることがおすすめですね。

個人的には個人型確定拠出年金(iDeCo)もおすすめなのですが、手続きが何かと面倒くさく、60歳まで投資資金が引き出せないことなどを考慮するとちょっとハードルが高くなってしまうのが残念なところです。

とりあえず少額から始めたい場合は「つみたてNISA」、既にまとまった資金があるなら「一般NISA」、NISA枠でも投資資金が余るなら個人型確定拠出年金を検討すればよいでしょう。

デイトレなどの裁量トレードをするならその後でも遅くないですよ。投資する順番を間違えないようにしましょう。

関連記事

  1. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立てた結果は?

    2018年から始まった新しい少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立…

  2. NISA

    マイナス9.69%だった2018年度のつみたてNISAがいつの間にかプラ転してた

    2018年から開始したつみたてNISAですが、2018年度の成績はマイ…

  3. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定

    楽天証券で取引をしている人にはうれしいお知らせ!楽天証券は8月…

  4. NISA

    NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)のIPOに申し込…

    2015年11月4日に、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行が上場を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 書評

    今の20代は親世代と比べて5000万円のハンディがある!「20代で知っておきたい…
  2. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用…
  3. 銀行

    住信SBIネット銀行で顧客情報の漏洩が発生、Twitterで発覚
  4. ソーシャルレンディング

    maneoから延滞していた2件の融資案件に関する回収報告あり、残念ながら共に元本…
  5. 確定拠出年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
PAGE TOP