ファンド

アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファンド「iTrust」を発表

遂にアクティブファンドも低コストの時代に突入しつつあるようです。

ピクテ投信投資顧問は2月8日、日本で初めてとなるネット専用の低コストファンドシリーズ「iTrust」を発表しました。

iTrust | ピクテ投信投資顧問株式会社

「iTrust」シリーズの気になる内容

「iTrust」シリーズの第一弾として、「iTrust世界株式」「iTrustバイオ」「iTrustロボ」の3本のファンドがラインナップされています。

  1. iTrust世界株式:高い競争優位性をもつグローバル優良企業の株式に分散投資  信託報酬0.89%(税抜き)
  2. iTrustバイオ:高い成長が期待できるバイオ医療品関連企業の株式に投資  信託報酬1.33%(税抜き)
  3. iTrustロボ:世界のロボティクス関連企業の株式に投資  信託報酬1.33%(税抜き)

 

ネット専用にすることで従来のアクティブファンドに比べて、手数料がかなり抑えられていることが分かります。

手数料以上に運用利益がインデックスファンドを超えることができるようであれば購入を検討しても良いかもしれませんね。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券をはじめ、東洋証券や静岡銀行などでも販売されます。ポートフォリオの一部にアクティブファンドを組み込みたいと考えている人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下前のページ

賃貸物件の掲載URLを入力するだけで「釣り物件」かどうかチェックできるおとり物件チェッカー次のページ

関連記事

  1. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!

    個人投資家目線で選ぶファンドやETFなどを選ぶFund of the …

  2. ファンド

    バフェットも推奨するS&P500への投資がより身近に!信託報酬率0.09%台「SBI・バン…

    これは、個人投資家にとって喜ばしいニュース!SBIとバンガード…

  3. ファンド

    2015年8月の株式投信残高がガッツリ減少!減少額4兆円はリーマン・ショック以来の大きさ

    中国経済の不透明による世界同時株安の影響で、2015年8月の株式投信残…

  4. ファンド

    1,000円から売買可能なETF「上場インデックスファンド日経 225(ミニ)」が登場

    日興アセットマネジメント株式会社は、日経平均株価の連動をめざす上場投資…

  5. ファンド

    コロナショックでも下落は限定的?カナディアン・ソーラー・インフラ投資から1口当たり3,650円の分配…

    新型コロナウィルスがこれほど猛威を奮うなんて、2020年の始まりには思…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット
  2. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針
  4. ソーシャルレンディング

    クラウドバンク口座開設&3億円突破記念ファンドに投資&改善点要望など
  5. フェラーリのオーナーは難しいけれど株主にはなれそう!フェラーリ(RACE)がニュ…
PAGE TOP