書評

基本は食べる順番を守るだけ!炭水化物のドカ食いもOKのダイエット/食べ順爆発ダイエット

「もてもてナインティナイン」のダイエット企画で有名となったおネェ系フィジカルトレーナー石川英明さんの「食べ順爆発ダイエット」を読んでみました。

ビビる大木さんや鳩山太郎さんがダイエットに成功したことでも話題となったダイエット法ですね。

基本的には食べる順番を守るだけ

食べ順爆発ダイエットの特徴は食べる順番を守ることにあります。

「食物繊維」→「タンパク質」→「炭水化物」の順番で食べて、胃の中で食品の層を作ることにより、血糖値の上昇を上げにくい順番で消化させます。

糖質×脂質の合体食だけはNG

食べ順爆発ダイエットで禁止されているのは「糖質」と「脂質」の同時摂取です。血糖値の上昇に伴うインスリンの分泌につながるのでNG。

つまり「カレーライス」「チャーハン」「ピザ」などは食べてはいけないことになります。(だだし、爆発の日を除く)

ドカ食いができる日がある

体脂肪率の割合によって、数週間に1度の割合で「爆発の日」と呼ばれるドカ食いができる日が定められています。

ダイエットの停滞期にショックを与える療法となっていて、カレーやピザ、天丼、ハンバーガーなども解禁となります。

まとめ

ダイエットに大切なのは「食が8割、運動が2割」だそうです。食べる順番を守るだけなので、気軽に試すことができるのも人気が出た理由なのかもしれませんね。

今後は、食事の順番を意識をしていこうと思います。

アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファンド「iTrust」を発表前のページ

賃貸物件の掲載URLを入力するだけで「釣り物件」かどうかチェックできるおとり物件チェッカー次のページ

関連記事

  1. 書評

    保険は人生で2番目に高い買い物!GNP(義理・人情・プレゼント)で保険を選ぶな

    生命保険文化センターの調査によると、家庭一世帯が支払いっている生命保険…

  2. 書評

    メガソーラーだけじゃない!30坪10kwから始める太陽光の「売電ビジネス」

    太陽光発電に興味を持ったので「太陽がくれる利益」という本を読んでみまし…

  3. 書評

    あまりストイックにならず、お金や労力も極力かけず「理想の健康」に近づくための4つのポイント

    「病気にならない生き方」シリーズでお馴染みの新谷弘実医師の著書「水と塩…

  4. 書評

    安心で安全な食卓を守るために必要な知識「これなら食べよし!」

    「添加物」「遺伝子組み換え」「残留農薬」「放射能汚染」など食品の安心や…

  5. 書評

    副業ではなく複業を目指せ:25歳からのひとりコングロマリットという働き方

    「25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひと…

  6. 書評

    アトピー・花粉症・不妊症、食事で体質はここまで変わる「これを食べれば医者はいらない」

    30年以上にわたって日本人にとっての正しい食事について研究・実践を続け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年3月】ソーシャルレンディングの分配金は26,410円、自己投資資金を…
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    【iDeCo積立6年目】2019年の個人型確定拠出年金の運良利回りはいかほど?
  3. 雑記

    洋服の型崩れともこれでおさらば!手頃な値段でもハンガー専門店のクオリティ「ハンガ…
  4. ソーシャルレンディング

    ガイアファンディングお前もか!全ファンドの利息喪失および元利金の未回収が発生
  5. サービス

    海外に書類や荷物を送るなら国際スピード郵便(EMS)が便利
PAGE TOP