雑記

マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下

マイナス金利の影響がじわじわと出てきているようです。

2016年2月募集の個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%となっていました。

20160204-2

円貨建債券 個人向け国債

個人向け国債は0.05%の最低金利保証がある

個人向け国債変動10年の金利は半年毎に実勢金利に応じて変動する変動金利制となっています。

2月の新規募集の債券についてはマイナス金利の影響で最低利率0.05%となってしまったようです。ただし、どんなに金利が下がったり、マイナスになったとしても最低利率0.05%が保証されています。また、個人向けの国債の場合、元本部分の価格も変動しません。

今後さらにマイナス金利が加速した時には逆に最低利率0.05%が保証されていることが強みになってくる可能性もあります。

万が一、普通預金にもマイナス金利が発生するようになった場合、個人向け国債変動10年が受け皿として人気が出てくるかもしれませんね。

元本や利子の支払いは、国が責任を持って行うので銀行預金に置いておくよりは安心となっています。

住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始!ATMや振込みの無料回数がランクに応じて変更される前のページ

アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファンド「iTrust」を発表次のページ

関連記事

  1. 雑記

    ダイヤモンドの資産価値は暴落?価格は天然の10分の1、合成ダイヤモンドの実力

    ダイヤモンドはその希少性から、価値があるのもとして多くの人に認識されて…

  2. 雑記

    SBI証券からの取引毎の郵便物が鬱陶しい!そんな時は電子交付サービスに切り替えよう

    こんにちは、メインで使用している証券会社はSBI証券のしんのすけ(@s…

  3. 雑記

    資産運用はまとまった投資資金ができてから始めるべきなのか?

    資産運用を始めるにあたって最初のハードの1つになるのは、まとまったお金…

  4. 雑記

    宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、普通

    こんにちは、宝くじがぼったくり商品だと分かって以降、全く購入する気が起…

  5. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」に期待

    インド発のホテル・不動産ベンチャー企業の「OYO」が日本で不動産仲介サ…

  6. 雑記

    マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット

    2015年10月から国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年3月】ソーシャルレンディングの分配金は37,412円、借り手の情報開…
  2. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
  3. 日経平均株価の下落幅TOP5、ダントツ一位はもちろん例のアレ
  4. 為替

    ランド円(ZAR/JPY)がモリモリ下がっている
  5. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
PAGE TOP