雑記

丸刈り男子に捧ぐ!最短1ミリまで刈れるバリカン「パナソニック ER-GC50」が良い感じ

今年に入ってからバリカンを新たに購入したのですが、これがかなり良い感じなので紹介したいと思います。

ちなみに私は2012年の時点で丸坊主歴6年目に突入しています。これまでに購入したバリカンは5個以上、そこそこのバリカン使いだと自負しています。

テスコムの電動バリカンから乗り換え

ちなみに、今までずっと愛用していたのは「TESCOM 電動バリカン」です。坊主にする人は結構このバリカンを使用している人も多いのではないでしょうか。

低価格でも切れ味は抜群、水洗いOKなのでかなり重宝できるバリカンとして愛用してきたのですが、1つだけ不満点がありました。それは、「刃のバネを押さえる部分が壊れやすい」ということです。この点に関しては、ネット上でも結構指摘されているのを確認することができます。

私の場合、2週間の1回程度の使用頻度で、だいたい1年弱~1年半くらいのサイクルで壊れてしまうことが多いです。

本体の方は、まだまだ元気なので替刃で対応したいところですが、替刃部品価格+送料で2,000円をオーバーしていまします。「この価格なら新しいの買ったほうが良くね?」という感じで、ちょっと勿体ないですが刃の部分が壊れる度に新しいバリカンに買い替えてきました。

3mmより短く刈りたい!

今回もいつもの通り刃の部分が壊れたのでバリカンを購入することになったのですが、購入するにあたって重要視したのが「3ミリ」以上短く刈れるバリカンを選ぶことでした。TESCOMも含め市販で売られている価格の安いバリカンだと最短3ミリまでしか対応していません。

夏場なんかは1~2ミリくらいにしたい時があるので、いろいろネットを使って探していました。ただ、「3ミリ」以上短く刈れるバリカンはプロ仕様のものしかなく、あったとしても値段が数万円する高価なものがほとんどでした。

そんな中、手頃な値段で見つけたのがPanasonicのメンズヘアーカッター ER-GC50です。

 

Panasonic メンズヘアーカッター ER-GC50の特徴

ER-GC50の特徴をザックリまとめるとこんな感じになります。

  • 1~25mmまでの25段階調節が可能
  • 45度鋭角刃で切れ味抜群
  • 水洗いOK
  • コードレスと交流式の両方に対応
  • 海外でも使用OK

 

 

開封時に撮った写真。中身はこんな感じ。1~5mm用と6~25mm用の2つのアタッチメントが入ってます。まあ、坊主頭の場合は、1~5mmのアタッチメントしか使用しないですね。

 

ダイヤルを回すだけで簡単に調節が可能です。ちなみにバリカンが起動しているときはダイヤルは固定されるので、髪を切っている最中に長さが変わってしまうことはありません。

 

「TESCOM 電動バリカン」から買い替えをしてみましたが、十分満足できる買い物でした。あえて不満点をあげるとしたら、耳周りが若干刈りにくいことぐらいでしょうか。まあ、アタッチメントはずしてちょこっと仕上げれば全然問題ないレベルです。

あとは、刃がどの程度まで保つかどうかでしょう。ただ刃が壊れた場合でも、本体に問題なければ替刃で対応すると思います。

パナソニックのバリカンER-GC50とER-GC70の違い

ちなみに、パナソニックからは、メンズヘアーカッター ER-GC70という商品も出ています。

ER-GC50との違いは、色と45段階(1~45mm)まで調整できることくらいしかなさそうなので、こだわりがなければ値段の高いER-GC70を選ぶ必要はないでしょう。

バリカン選びに迷っている人は参考にしてみて下さい。

【追記】ニューモデルが続々登場!

2016年現在、4年以上使用していることになりますが、刃の部分は全く壊れる気配がなく元気に動いてくれています。さすがにバッテリーはへばってきていますが電源をさしながら使用しているので問題なしです。コスパや満足度を考えると過去最高のバリカンといっても過言ではないと思います。

ER-GC50の後継機種ER-GC52

おすすめできるパナソニックのバリカンER-GC50ですが、2016年になって後継機種ER-GC52が発売されています。機能をチェックしてみるとER-GC50から大きな変更がなくマナーバージョンアップ版といったところだと思います。

ただ、本体自体はかなりスリム化されているようなので、これからバリカンの購入を考えている人はこちらの機種の購入がおすすめです。

ボウズ専用バリカン ER-GS60

ボウズヘアー専用のバリカン ボウズカッター ER-GS60という機種も発売されています。ただしこちらは充電のみ(交流非対応)となっています。つまりバッテリーが切れても電源をさしながらの使用ができないので注意が必要です。

 

坊主男子にはこちらの記事もおすすめ

 

誰でも起業できるが誰もが起業するべきではない:「起業のルール」前のページ

Twitterで地元の災害情報を入手できる「ライフラインアカウント検索」機能を追加次のページ

関連記事

  1. 雑記

    宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、普通

    こんにちは、宝くじがぼったくり商品だと分かって以降、全く購入する気が起…

  2. 雑記

    個人情報も安心して破棄できる!コクヨの静音パーソナルシュレッダーRELISH(リリッシュ)KPS-X…

    手動式のシュレッダーが壊れてしまったので、ネットで評判の良かったコクヨ…

  3. 雑記

    ダイヤモンドの資産価値は暴落?価格は天然の10分の1、合成ダイヤモンドの実力

    ダイヤモンドはその希少性から、価値があるのもとして多くの人に認識されて…

  4. 雑記

    人生初のMacを遂にGET!MacBook Pro Retinaディスプレイ 2400/13.3 M…

    前からほしかったAppleのMacを遂に購入しました。今回購入した…

  5. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」に期待

    インド発のホテル・不動産ベンチャー企業の「OYO」が日本で不動産仲介サ…

  6. 雑記

    マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット

    2015年10月から国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  2. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立…
  3. サービス

    Zenbackで新規ブログを追加できなかった時の話
  4. サービス

    ChromeでGoogleページランクやWhoisなどのサイト情報を確認できる拡…
  5. 銀行

    マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード fo…
PAGE TOP