サービス

Twitterで地元の災害情報を入手できる「ライフラインアカウント検索」機能を追加

Twitterは、災害時に政府や自治体などの信頼出来る情報を検索できるサービス「ライフラインアカウント検索」機能を公開しました。

東日本大震災が発生した際には、電話やメールが使えなくなる中で、Twitterによる情報の共有が話題となりました。その一方で嘘やデマも拡散していたのも事実です。

その経験を踏まえて、国や地方自治体、公共サービス、交通機関を中心に正確なライフラインの情報が入手できるようにしたのが今回の機能になります。

もしもの場合に備えてフォローしておく

「#見つける」のタブをクリックすると、左にあるメニューに「ライフライン」が追加されています。現在表示されていないユーザーも数日以内には表示されるようです。

現在、デフォルトで以下のアカウントが表示されています。

また、検索ボックスに自分が住んでいる郵便番号を入力すると、その地区に関係のあるアカウントが表示されるようになっています。

まとめ

Twitterによると、大震災時のツイート数は「平常の6倍以上」だったそうです。せっかくライフラインアカウントをフォローしてもTLに埋もれてしまう可能があります。「リスト」化して分けておくのが良いかもしれません。

一度、自分の郵便番号でライフラインアカウントを確認してみてはいかがでしょうか。

丸刈り男子に捧ぐ!最短1ミリまで刈れるバリカン「パナソニック ER-GC50」が良い感じ前のページ

Zenbackで新規ブログを追加できなかった時の話次のページ

関連記事

  1. サービス

    ローカルビジネスに特化したネット広告「Google AdWords Express」

    Googleのリスティング広告と言えば「Google AdWords」…

  2. サービス

    海外に書類や荷物を送るなら国際スピード郵便(EMS)が便利

    海外に不動産を所有していると、必要書類などを海外に郵送する必要が出てき…

  3. サービス

    賃貸物件の掲載URLを入力するだけで「釣り物件」かどうかチェックできるおとり物件チェッカー

    テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)を見ていたら、不動産業…

  4. サービス

    ヤフーとソニー不動産が提供する個人向け不動産売買サービス「おうちダイレクト」が開始

    ヤフージャパンとソニー不動産は11月5日、個人向け不動産売買サービス「…

  5. サービス

    仲介手数料は一律49.8万円!マンション売買専門のネット仲介サイト「マンションマーケット」

    株式会社マンションマーケットという会社が、マンション売却サービス「マン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 雑記

    人生初のMacを遂にGET!MacBook Pro Retinaディスプレイ 2…
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年8月】ソーシャルレンディングの分配金は34,580円、リスクを避ける…
  3. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える
  4. 書評

    あなたは「金持ち思考?」それとも「貧乏思考?」100歳までお金に困らない人生戦略…
  5. ソーシャルレンディング

    思っていたほど悪くない!クラウドバンクの運用利回りが更新されたので再チェックして…
PAGE TOP