雑記

マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット

2015年10月から国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)の送付がされます。既に通知を受け取ったという人もいるのではないでしょうか?

受け取ったマイナンバーは2016年1月から社会保障や税金、災害対策などの行政手続で利用できるようになります。

ただ、このマイナンバーに関していまいちメリットやデメリットが分かりにくいと感じている人も少なくないのではないでしょうか。そのようなときはこちらの記事が読んでおくと理解が深まるかもしれません。

マイナンバー制度の利便性はわかりやすい。管理がしやすくなるだけではなく、国民が得することも多い。たとえば、厚生労働省と財務省の連携がスムースになったら、脱税の取り締まりが進み、税収が増える見込みとなる。その税金の使い方が正しければ国民が喜ぶ。また、厚生労働省と法務省の連携によって不法労働者の取り締まりも進むはず。正規に働いている人にとっての雇用条件が良くなれば、また国民が喜ぶ。

マイナンバー歴44年の僕から一言

 

正確に言うと「マイナンバー」ではありませんが、アメリカでは既にSocial Security Number(社会保障番号)という制度が存在しています。

日本では初めての導入とあって、いろいろと問題がでてくると思いますが、先例に学んでより良い制度にしてもらいたいものです。

マイナンバーが導入される一方で、「住民基本台帳カード」が2015年で終了するんだとか。普及率は2013年3月31日の時点でたったの5%しかなかったようです。

多額の税金が投入された「住民基本台帳カード」先輩の失敗の責任は誰かとるのでしょうかね?きっと誰もとらないんだろうな。

ビットコインは投資対象というよりは社会にもたらす変化について注目すべし前のページ

SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒久無料化することを決定次のページ

関連記事

  1. 雑記

    SBI証券からの取引毎の郵便物が鬱陶しい!そんな時は電子交付サービスに切り替えよう

    こんにちは、メインで使用している証券会社はSBI証券のしんのすけ(@s…

  2. 雑記

    宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、普通

    こんにちは、宝くじがぼったくり商品だと分かって以降、全く購入する気が起…

  3. 雑記

    資産運用はまとまった投資資金ができてから始めるべきなのか?

    資産運用を始めるにあたって最初のハードの1つになるのは、まとまったお金…

  4. 雑記

    マスク争奪戦に終止符!洗える日本製の布マスクを購入してみた

    新型コロナウィルスの発生により、マスク不足が続いています。一時期は、も…

  5. 雑記

    「老後破産」を回避するために若いうちから身につけておくべき5つの習慣

    「老後資金2000万円問題」を契機に、老後不安を煽るようなニュースやそ…

  6. 雑記

    博多おすすめホテル「東急ステイ博多」駅近で部屋広めドラム洗濯機も完備

    前々から引越し先として候補に上がっていた福岡に下見に行ってきました。福…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年3月】ソーシャルレンディングの分配金は26,410円、自己投資資金を…
  2. ファンド

    高配当&価格変動性が低い日本株ETF「上場インデックスファンドMSCI日本株高配…
  3. 書評

    最強の投資家に共通する23の習慣とは?「バフェットとソロス勝利の投資学」
  4. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入…
  5. 確定拠出年金/基礎年金

    「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか…
PAGE TOP