雑記

パワーサポート トラックパッドフィルム for MacBook PTF-50/トラックパッドをキズや汚れからしっかりガード!タップ操作も問題なし

キーボードカバーに引き続き、トラックパッドのカバーも購入してみました。

今回購入したのは「パワーサポート トラックパッドフィルム for MacBook PTF-50」です。パワーサポートといえば、Apple商品のケースやフィルムなどで定評のある会社です。

トラックパッドフィルム  PTF-50の特徴

PTF-50 (3)s

 

  • 貼りやすく剥がれにくい
  • 剥がしても糊が残らない
  • トラックパッドをキズや汚れからしっかりガード
  • 安心の日本製
  • 2枚入り

 

いくつか違う品番のものが発売されているようですが、私の購入した「MacBook Pro Retinaディスプレイ 2400/13.3 ME865J/A」にはPTF-50が対応しています。

貼ってもほとんど目立たない

PTF-50 (4)s

PTF-50 (5)s

PTF-50 (6)s

フィルムはクリア(つや消し)が2枚入っています。

表面にエンボス加工、ハードコート処理が施してあります。

 

装着前

PTF-50 (7)s

 

装着後

PTF-50 (8)s

 

まとめ

しっかりと確認しないと貼っていることに気付かないくらい目立ちませんね。気になっていたタップ操作もしっかり反応してくれます。

MacBookではトラックパッドをメインに使うので、このようなフィルムを貼っておくと安心できます。

 

moshi Clearguard MB 【JIS】/MacBook Pro 13 Retinaディスプレイモデル「Late 2013」にも対応した極薄のキーボードカバーを装着してみた前のページ

漠然とした老後不安を吹き飛ばせ!「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」次のページ

関連記事

  1. 雑記

    「老後破産」を回避するために若いうちから身につけておくべき5つの習慣

    「老後資金2000万円問題」を契機に、老後不安を煽るようなニュースやそ…

  2. 雑記

    資産運用はまとまった投資資金ができてから始めるべきなのか?

    資産運用を始めるにあたって最初のハードの1つになるのは、まとまったお金…

  3. 雑記

    ダイヤモンドの資産価値は暴落?価格は天然の10分の1、合成ダイヤモンドの実力

    ダイヤモンドはその希少性から、価値があるのもとして多くの人に認識されて…

  4. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」に期待

    インド発のホテル・不動産ベンチャー企業の「OYO」が日本で不動産仲介サ…

  5. 雑記

    銀行預金の金利低すぎ!でもリスクは取りたくない、それなら個人向け国債を買っとけ

    こんにちは、自分年金ファンドマネージャーのしんのすけです。資産…

  6. 雑記

    約20秒でサクッと検温!丸洗い可能なテルモ電子体温計C231

    最近は昔にくらべるとちょっと熱っぽいかなと感じることが多くなってきまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 書評

    中年おやじが肉体改造して東京マラソンを完走する方法「筋肉バカの壁」
  2. サービス

    無料の画像素材を探すなら横断検索ができる「タダピク」が便利
  3. 為替

    朝一で南アフリカランド円が大暴落、その後は落ち着きを取り戻している模様
  4. 節約

    自動車の維持費削減になる?ガリバーが2016年春から月額定額制の車乗り換えサービ…
  5. 雑記

    シンプルだがそれがいい!夜道での存在感がバツグンになる自転車用リアライト「キャッ…
PAGE TOP