節約

日本初の電力自由化に対応!英国ケンブリッジ発の電力比較サイト「エネチェンジ」

英国ケンブリッジ大学の電力ビッグデータ研究をもとに誕生したエネチェンジ株式会社は1月13日、電力自由化に対応した電力比較サービスを公開しました。

電力自由化後の料金を公表している電力会社を含む14社・71プランの一括比較見積もりが可能になっていて、一部の電力会社についてはエネチェンジ上で予約することもできるようになっています。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

一括見積で電気料金の節約を実現

使い方は簡単で「郵便番号」→「いまの電気代」→「家庭について」の質問に順番に答えたいくだけです。

20160118-2

ガス、携帯電話、各種ポイントなどセット割引を含めた「実質節約額」算出にも対応しているのでかなり精度の高いシミュレーションが期待できます。

平均で年間約13,000円の節約プランを提案しているんだとか。

エネチェンジの訪問者数は累計450万人以上で国内最大級の電力比較サイトとなっています。今後、価格コムをはじめ様々な電力比較サイトが出てくると思われますが、「エネチェンジ」も一度利用してみると電気料金の値下げに役立つかもしれませんよ。

低金利時代はいつまで続くのか?住信SBIネット銀行がSBIハイブリッド預金の金利を年0.060%→年0.050%に改定前のページ

ソーシャルレンディング最大手のmaneoの累計投資額が400億円を突破次のページ

関連記事

  1. 節約

    「消費税10%」増税前に必ずやっとけ!電力料金を「一律5%+α」安くする方法

    引っ越しを契機に、電力会社の見直しを行いました。一昔前だったら一般家庭…

  2. 節約

    廃車王の車買取を利用してみた!廃車の手続きや費用で注意すべき5のポイント

    引っ越しにともない、20年弱保有していた自動車を手放しました。流石に長…

  3. 節約

    冷房だけじゃない!エアコンの暖房もつけっ放しの方が電気代の節約になる

    今年の冬はエルニーニョ現象の影響で厳しい寒さではありませんが、やはり暖…

  4. 節約

    「持ち家 VS 賃貸」はもう古い、第三の選択肢サブスクリプション型住居サービスという選択

    家計の支出の中で最も大きく、不動の地位を確立しているのが「住宅費」。こ…

  5. 節約

    自動車の維持費を削減したい人は要チェック!DeNAが個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」…

    自動車の経費や維持費を節約したいと考えている人に朗報です。De…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 為替

    年明け早々円が急伸でロスカット祭り、ぐっすり眠りたければリスク管理を徹底せよ
  2. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!
  3. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ…
  4. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?
  5. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
PAGE TOP