銀行

低金利時代はいつまで続くのか?住信SBIネット銀行がSBIハイブリッド預金の金利を年0.060%→年0.050%に改定

これはちょっと残念なお知らせです。

住信SBIネット銀行は1月12日、SBIハイブリッド預金の金利改定を行ったことを発表しました。これにより2016年1月11日(月)より年0.060%(税引後 年0.047%)から年0.050%(税引後 年 0.039%)に引き下げられたようです。

SBIハイブリッド預金の金利改定のお知らせ|住信SBIネット銀行

低金利の利点を探そう!

まあ、もともとの金利自体が低いこともありますが、やはり金利が下がるのは残念ではありますね。

ただ、違う角度から物事をみると、低金利になるということは個人投資家にとっては不動産投資をする際には低金利でローンが借りられたり、FX(外国為替証拠金取引)においてスワップ(金利収入)が狙いやすいなどの利点もあります。

低金利を嘆いていいるばかりではなにも始まりません。「どのようにすればこの低金利を有効活用できるのか?」について考えていく必要がありそうですね。

ソーシャルレンディング「クラウドバンク」の累計応募金額が50億円を突破前のページ

日本初の電力自由化に対応!英国ケンブリッジ発の電力比較サイト「エネチェンジ」次のページ

関連記事

  1. 銀行

    銀行窓口で投資相談するのは愚の骨頂!手数料の高い金融商品を買わされるのがオチ

    先日、国民健康保険の口座振替を行うため、久しぶりに銀行の窓口に行く機会…

  2. 銀行

    じぶん銀行が日本の銀行で初めてとなる申込みから契約までネットで完結する住宅ローンの提供を開始

    じぶん銀行は12月1日、日本の銀行で初めてとなる申し込みから契約までネ…

  3. 銀行

    海外送金の「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業譲渡

    海外送金サービスで有名な「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業…

  4. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

    私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミ…

  5. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?

    私は不動産を購入する際、北京にあるHSBCから融資を受けました。もちろ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定
  2. NISA

    NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀…
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年4月】ソーシャルレンディングの分配金は37,871円、投資額は1,0…
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年3月】ソーシャルレンディングの分配金は37,412円、借り手の情報開…
  5. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」…
PAGE TOP