銀行

日本から海外口座にお金を入金する方法

海外で不動産投資を行う場合、海外口座にお金を入金する機会があります。個人で海外送金をしたことがある人はそれほど多くないのではないでしょうか?私も不動産を購入してから始めて海外送金について知りました。

始めは少し戸惑いましたが、所定の手続きに従って書類に記入していくと以外に簡単に送金することができます。

海外口座に送金する2つの方法

海外送金は、大きく分けるて2つの方法があります。
・銀行から送金する
・郵便局から送金する

どちらを選択すれば良いか迷うと思いますが、普段使用している方で良いのではないかと思います。私は銀行を使用しているので、銀行から送金を行っています。
銀行から送金する場合、現金を持ち込んで送金してもらうか、口座を持っている場合は口座から引落しで送金してもらうことになります。

最近まで地元の銀行を使用していたのですが
・平日の窓口はすごく混雑している
・手数料が結構バカにならない(4000円~6000円くらい)

という理由からもっと安く・簡単に海外送金できないかものかといろいろ調べたところ「Goロイズ 海外送信サービス」というホームページを発見しました。

英国ロイズTSB銀行の東京支店がサービスを提供しています。英国のロイズTSB銀行は金融の中心地ロンドンにおいて事業を展開し始めてから200年以上もの歴史を誇り、米国の格付け機関「ムーディーズ」の長期預金格付けでは最上級の「Aaa」を与えられています。信用度には問題なさそうです。

サービスの特徴としては”1.登録申込み → 2.振込み “のみとなっています。1度登録を申込みを行えば、指定口座にお金を振込むだけで海外送金されるようになります。ネット振込みができる人は自宅のPCから海外送金ができます。もう銀行の窓口に並ぶ必要がなくなります。

また、送金手数料は、金額にかかわらず1回につき2000円になっています。(円建海外送金の場合は送金金額の0.1%の手数料が加算されます)。もっと早くサービスを利用していれば良かったです。(涙)

CITYバンクに口座を持っている人はCITYバンクを利用するのも良い方法ではないかと思います。

関連記事

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行の定期預金の金利が0.3%、ただし3ヶ月もの限定

    2018年の残りわずかになってきましたね。この辺で年に数回行っている資…

  2. 銀行

    銀行のローンは「元利均等返済」と「元金均等返済」どちらがお得?

    銀行の借入金の返済方法には大きく分けて2種類があることを知っていますか…

  3. 銀行

    じぶん銀行が日本の銀行で初めてとなる申込みから契約までネットで完結する住宅ローンの提供を開始

    じぶん銀行は12月1日、日本の銀行で初めてとなる申し込みから契約までネ…

  4. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?

    私は不動産を購入する際、北京にあるHSBCから融資を受けました。もちろ…

  5. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

    私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ファンド

    太陽光発電へ投資を検討している人は要注意!今後、売電価格が半額になる模様
  2. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングがキャッシュバックサービスから「SBISL不動産担保…
  3. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズがイーサリアム(ETH)の取り扱いを開始、気になるス…
  4. 雑記

    銀行預金の金利低すぎ!でもリスクは取りたくない、それなら個人向け国債を買っとけ
  5. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・…
PAGE TOP