サービス

海外に書類や荷物を送るなら国際スピード郵便(EMS)が便利

海外に不動産を所有していると、必要書類などを海外に郵送する必要が出てきます。国際郵便にはいろいろありますが、私が良く使用しているのが日本郵政公社が提供しているEMS(国際スピード郵便)です。

EMS(国際スピード郵便)の特徴

サービスの特徴としては

・配達状況をインターネットで確認できる
・電話をすれば荷物1つからでも無料で集荷に来てくれる
・万が一紛失や盗難にあった場合、最高200万円までの実損害額を保証

などがあります。

サービスはとても良いと思いますが、お値段が高いのがネックになりますね。

クロネコ国際メール便の特徴

書類・雑誌及び本等の書籍類のみであれば、ヤマト運輸が提供しているクロネコ国際メール便を利用してみるのも良いかなと思います。

サービスの特徴としては

・50gまでが150円からと、経済的な価格
・電話をすれば荷物1つからでも無料で集荷に来てくれる
・配達状況を確認できない

などがあります。

必要に応じて使い分けるのが賢い選択となります。

日本から海外口座にお金を入金する方法前のページ

不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?次のページ

関連記事

  1. サービス

    仲介手数料は一律49.8万円!マンション売買専門のネット仲介サイト「マンションマーケット」

    株式会社マンションマーケットという会社が、マンション売却サービス「マン…

  2. サービス

    マンションの賃貸・分譲派におすすめ!口コミやランキングから探せる比較サイト「マンションノート」

    昨日のワールドビジネスサテライト(WBS)でマンションの口コミやランキ…

  3. サービス

    無料の携帯アクセス解析「うごくひと2」のサービスが終了!

    ガラケー向けのアクセス解析サービスである「うごくひと2」の提供が年内に…

  4. サービス

    無料なのに容量無制限(1ファイル2Gまで) で利用できるファイル転送サービス「Gigafile便」

    面倒なユーザー登録不要の無料のファイル転送サービス「Gigafile便…

  5. サービス

    リブセンスお馴染みのお祝い金制度もあり!250万件以上の賃貸物件を掲載している賃貸情報サイト「doo…

    リブセンスが賃貸情報サイト「door賃貸」というサイトを運営しているの…

  6. サービス

    ネットで出し入れ自由のミニトランクルーム。月額200円から始める収納スタイル「minikura」

    いま使わないけど、捨てられない。でもトランクルームを借りるほどではない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
  2. 書評

    今までの「ビジネスモデル」に縛られる人は、急激に「化石化」していく:「新しい働き…
  3. 銀行

    銀行のローンは「元利均等返済」と「元金均等返済」どちらがお得?
  4. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立…
  5. 書評

    健康で、若く、美しい体を手に入れるための3つの条件「空腹が人を健康にする」
PAGE TOP