不動産投資

不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?

中国で不動産投資を行っていても、日本にて確定申告が必要となってきます。当たり前ですね(笑)。賃貸業における確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。いろいろ調べてみると「青色申告」の方が税金面で優遇されていることが分かります。

「青色申告」するためには
・税務署長に「青色申告」の申請を行い、承認されること
・所定の帳簿に取引を記録して、一定期間保存すること
が必要となってきます。

「青色申告」を選択しますと
・青色申告特別控除が受けられる
→10万円又は65万円の控除
・青色事業専従者給与が認められる
→家族に給与が払える(事業規模のみ)
・純損失の繰越控除が受けられる
→赤字がでた場合、翌年以降3年間繰り越せる
・減価償却の特例が受けられる
→30万円未満の物なら一括で償却できる
(平成18年3月まで?)
など様々な特典が受けられるようになります。

しかし、「青色申告」の特典をすべて受けたいのであれば、事業規模の賃貸業を行っていなければなりません。
事業規模かどうか判断するのは難しいらしいのですが、目安として1戸建て貸家が5棟以上、あるいはアパート・マンションが10室以上ある場合に事業規模と認められるようです。

「青色申告」にすると帳簿・決算関係の書類などを作成しなければなりませんが、以上のような特典を受けることができます。
私も青色申告を行っていますが、将来的には事業規模にまで不動産を増やして行きたいです。

関連記事

  1. 不動産投資

    非上場の不動産ファンドに小額から投資できる「bitREALTY(ビットリアルティ)」、ケネディクスと…

    ソーシャルレンディングの遅延やデフォルト問題が多発している中、不動産投…

  2. 不動産投資

    不動産投資におけるノンリコースローン(非遡及型ローン)の可能性

    ノンリコースローンとは、万が一ローン返済が出来なくなった場合、担保にな…

  3. 不動産投資

    気をつけておきたい中国不動産の特徴

    中国での不動産には日本人にはあまり馴染みのない特徴がいくつかあります。…

  4. 不動産投資

    投資に冷水?中国が外国人の不動産取得を制限することを発表

    中国は「不動産市場外貨管理の問題の規範化に関する通知」を発表しました。…

  5. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました

    賃貸業をしていると、テナントからいろいろな要望が出てきます。あまり無理…

  6. 不動産投資

    不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い

    不動産を売却した場合、売却益に対して所得税や住民税がかかります。これら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. NISA

    マネックス証券が2016年度以降のNISA口座での国内株(売買)および外国株(買…
  2. ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円
  3. ソーシャルレンディング

    ファンドの新規募集を停止していたクラウドバンクが11月28日から業務を再開するこ…
  4. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定
  5. 不動産投資

    中国(海外)で不動産を購入するのはなかなか大変な作業
PAGE TOP