不動産投資

不動産投資におけるノンリコースローン(非遡及型ローン)の可能性

ノンリコースローンとは、万が一ローン返済が出来なくなった場合、担保になっている物件(資産)以外に債権の取り立てが及ばない融資のことです。

したがって担保にした物件を売却しても借入金全額を返済できない場合でも、残った債務については一切返済義務が生じません。このことから非遡及型ローン(ノンリコースローン)と呼ばれています。

アメリカで主流のローンとなっています。しかし、一般のローンより金利は高めに設定されるようです。
日本で主流なのは遡及型ローン(リコースローン)です。万が一ローン返済が出来なくなった場合、担保になっている物件(資産)を強制的に処分しなければなりません。

処分してもローンが全額返済できない場合、残った債務は引き続き返済の義務を負うことになります。今後、日本の不動産投資においてもノンリコースローンが普及してくると思われますが、現段階においてはまだまだ敷居が高いようです。

中国ではどうなのか?と思い確認してみたところノンリコースローンは認められていないようです。将来はノンリコースローンで億ション投資をやってみたいです。

銀行のローンは「元利均等返済」と「元金均等返済」どちらがお得?前のページ

中国における不動産権利証について次のページ

関連記事

  1. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました

    賃貸業をしていると、テナントからいろいろな要望が出てきます。あまり無理…

  2. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?

    中国で不動産投資を行っていても、日本にて確定申告が必要となってきます。…

  3. 不動産投資

    投資家が気をつけておきたい中国不動産の特徴

    中国での不動産には日本人にはあまり馴染みのない特徴がいくつかあります。…

  4. 不動産投資

    中国における不動産権利証について

    不動産権利証とは、不動産登記を終えたときに交付される証明書のことです。…

  5. 不動産投資

    中国とインドの人口増加がやばい!世界の人口動向について

    不動産投資を行うにあたって人口動向には注意が必要です。安定した収入が得…

  6. 不動産投資

    HSBCにてローンの一部繰上げ返済を検討中

    現在、ローンの一部繰上げ返済を考えています。私が借入れを行って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 「日本郵政グループ3社」の売り出し価格が出揃う&SBI証券IPO抽選結果
  2. ソーシャルレンディング

    延滞が発生していたSBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の競売が完了、気…
  3. 書評

    ビットコインは投資対象というよりは社会にもたらす変化について注目すべし
  4. 不動産投資

    非上場の不動産ファンドに小額から投資できる「bitREALTY(ビットリアルティ…
  5. ソーシャルレンディング

    クラウドバンク口座開設&3億円突破記念ファンドに投資&改善点要望など
PAGE TOP