ニュース

中国の外貨準備高が1兆ドル突破!

中国の金融当局者の発表によると、中国の外貨準備高がまもなく1兆ドル(約117兆円)を突破する見通しのようです。ちなみに、2位の日本(8812億ドル)を大きく上回っています。

外貨準備高とは,1国の通貨当局が対外的支払に充てるための準備として保有している外貨資産(流動性のある対外資産)のことです。中国は外貨準備の通貨構成を発表していないようですが、およそ3分の2が米国債を中心とするドル建て資産のようです。

これは為替相場を維持するために、ドル買い元売りを実施してきたことが背景にあります。
今後、中国が米国債などを大量に売却し、ユーロ・円などにシフトするようだと、米国債への格付け低下やドル安が発生する可能性が出て来ます。

そんな時はドルを買うチャンスになりますかね。

中国における今後の気になるイベント前のページ

不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い次のページ

関連記事

  1. ニュース

    アメリカの雑誌フォーブスが2013年版の世界の長者番付を発表!

    フォーブス(Forbes)が2013年版の世界の長者番付を発表しました…

  2. ニュース

    トヨタ社長「終身雇用の継続は難しい」発言で、ますます高まる資産運用の重要性

    トヨタの豊田章男社長が「企業にあまりインセンティブがない」ことを理由に…

  3. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ

    アメリカの格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は…

  4. ニュース

    マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延期

    いよいよマイナンバーの運用開始が間近に迫ってきています。そのような中、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. NISA

    【積立2年目】2019年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファン…
  2. ソーシャルレンディング

    予想配当率は2.5%!セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合から利益配当の…
  3. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  4. クレジットカード/キャッシュレス

    ミライノカード(JCB)で「お支払い総額からの減算」の交換レートが2倍にUP
  5. NISA

    SBI証券のつみたてNISAでNISA投資枠を限度いっぱいまで使い切る方法
PAGE TOP