ニュース

格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ

アメリカの格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は16日、日本国債の格付け「AA-」から「A+」へ一段引き下げることを発表しました。

今回の格付け「A+」になることで中国や韓国よりも格付けが下になります。

S&Pでは引き下げの理由について、日本経済がソブリンの信用力を支える効果が過去3、4年間低下しており、この傾向を今後2、3年で好転させる可能性は低い、としている。

S&P、日本のソブリン格付けを「A+/A─1」に引き下げ

まあ、たかだかアメリカの民間企業の格付けに一喜一憂する必要はありませんが、日本の財政は改善しなければいけない問題であることは確かです。

S&P主要国の格付け一覧

ちなみに、S&Pによる主要国の格付けは以下の通りになっています。トリプルAは「イギリス」「ドイツ」「カナダ」「オーストラリア」の4カ国。

  • AAA:イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア
  • AA+:アメリカ
  • AA:フランス
  • AA-:中国、韓国
  • A+:日本、アイルランド
  • BBB:スペイン
  • BBB-:イタリア
  • BB:ポルトガル
  • CCC+:ギリシャ

 

関連記事

  1. ニュース

    マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延期

    いよいよマイナンバーの運用開始が間近に迫ってきています。そのような中、…

  2. ニュース

    中国の外貨準備高が1兆ドル突破!

    中国の金融当局者の発表によると、中国の外貨準備高がまもなく1兆ドル(約…

  3. ニュース

    中国における今後の気になるイベント

    今後、数年の間に起こる中国のイベントについてまとめてみました。20…

  4. ニュース

    トヨタ社長「終身雇用の継続は難しい」発言で、ますます高まる資産運用の重要性

    トヨタの豊田章男社長が「企業にあまりインセンティブがない」ことを理由に…

  5. ニュース

    アメリカの雑誌フォーブスが2013年版の世界の長者番付を発表!

    フォーブス(Forbes)が2013年版の世界の長者番付を発表しました…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 節約

    自動車の維持費を削減したい人は要チェック!DeNAが個人間カーシェアサービス「A…
  2. 不動産投資

    中国における不動産権利証について
  3. ソーシャルレンディング

    maneoの延滞案件がまたも元本割れ、だたし回収率は過去最高の模様
  4. 確定拠出年金

    2018年度時点でマイナス2.6%だった個人型確定拠出年金がプラス8.1%まで急…
  5. ソーシャルレンディング

    maneoから延滞していた2件の融資案件に関する回収報告あり、残念ながら共に元本…
PAGE TOP