ニュース

ソフトバンクが負担0円の個人住宅向けソーラーパネル設置サービス「おうち発電プロジェクト」を発表

2012年12月12日、ソフトバンクモバイルとSBエナジーが共同で負担0円の個人住宅向けソーラーパネル設置サービス「おうち発電プロジェクト」を開始すると発表しました。

ソフトバンクが個人宅の屋根を借り受けて、「発電スポット」として太陽光発電システムを無償で設置。発電した電気を電力会社に全て売電して売電額の15%を「発電スポット」利用料として支払う仕組みになっています。

契約期間

20年。契約から10年以内に解約した場合、パネルの発電量が6kW未満で98,000円、6kW以上で198,000円の契約解除料が発生する。

募集期間・棟数

募集期間は2012年12月21日(金)~2013年3月31日(日)。募集棟数は1,000棟。

アフターサポート

機器の不具合やパネル設置後の雨漏り、災害による故障などに一定期間対応。

売電額の15%ってどのくらいの金額?

1件当たりの発電量は、約4kW程度を想定。この場合、売電金額は月に約14,000円となり、その15%である2,000円が屋根の所有者に支払われることになります。

まとめ

2,000円×12月=24,000円。24,000円×20年=480,000円になる計算です。アフターサポートの期間、撤去費などの詳細にもよりますが、この条件だと自己資金で太陽光パネルを設置した方が良いのではないかと感じます。

初期投資が必要ありませんが、その分リスクがでかい気がします。

今回は試験的な意味合いが強く、この結果によっておうち発電プロジェクトを拡大するかどうか決めるみたいです。

関連記事

  1. ニュース

    アメリカの雑誌フォーブスが2013年版の世界の長者番付を発表!

    フォーブス(Forbes)が2013年版の世界の長者番付を発表しました…

  2. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ

    アメリカの格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は…

  3. ニュース

    トヨタ社長「終身雇用の継続は難しい」発言で、ますます高まる資産運用の重要性

    トヨタの豊田章男社長が「企業にあまりインセンティブがない」ことを理由に…

  4. ニュース

    マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延期

    いよいよマイナンバーの運用開始が間近に迫ってきています。そのような中、…

  5. ニュース

    中国における今後の気になるイベント

    今後、数年の間に起こる中国のイベントについてまとめてみました。20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・…
  2. ニュース

    2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間 金融商品の利益に復興…
  3. 不動産投資

    投資家が気をつけておきたい中国不動産の特徴
  4. 不動産投資

    HSBCにてローンの一部繰上げ返済を検討中
  5. クレジットカード/キャッシュレス

    SBIカードが2015年10月1日から年会費とポイントプログラムを改定!何度確認…
PAGE TOP