ソーシャルレンディング

maneoがアメリカ不動産投資案件を担保付で提供するガイアファンディングを10月にリリース

ソーシャルレンディング最大手のmaneoが、アメリカ不動産投資案件を担保付で提供するガイアファンディングのリリースに向けて準備をしているそうです。

10月開始予定となっています。

ガイアファンディングとは、maneoのようなプラットフォーム(アメリカ向け)のことで、月、10月の初旬にスタートすることを予定しています。

ガイアファンディングの創業者2人を取材してきました。

私の印象は、「アメリカの不動産担保融資案件は、ローリスク・ハイリターンだ」ということです。

最初は、なかなか信じられなかったのですが、さまざまな案件や説明を聞き、さらに何人からも裏付け話を聞き、「米国のモーゲージローンのバックファイナンスはイイ!!」というのが結論なのです。

「アメリカ向けの新しい投資プラットフォーム 「ガイアファンディング」

ローリスク・ハイリターンというのはにわかには信じられませんが、なかなか面白そうな案件であることは確かです。

ガイアファンディングに投資するには、新規に口座開設をする必要があるのでしょうかね?

ただ、以前のメルマガの中で、いずれはmaneo口座からも投資できるようにすると書いていたので、今後の対応に期待したいと思います。

現状のところ、ソーシャルレンディングはmaneoの「1強」状態が続いているので、他の会社も頑張ってもらいたいものです。

SBIソーシャルレンディングあたりが本気出せば、それなりの規模になりそうなのですが、イマイチやる気が感じられないんですよね~。

「日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目」その理由とは?前のページ

住信SBIネット銀行が2016年1月より「スマートプログラム(仮称)」を開始!ランクに応じてATM無料回数や振込み無料回数が変わる次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

    予想配当率は2.5%!セムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合から利益配当の支払い

    SBI証券で募集していたセムコーポレーション不動産担保ローン匿名組合2…

  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円

    投資を行っているソーシャルレンディング3社から2018年10月分の分配…

  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング健全化への第一歩、金融庁が借り手の情報開示を求める方針

    遅きに失した感がありますが、果たして健全化への第一歩となるのでしょうか…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入…
  2. 書評

    あなたは「金持ち思考?」それとも「貧乏思考?」100歳までお金に困らない人生戦略…
  3. ニュース

    トヨタ社長「終身雇用の継続は難しい」発言で、ますます高まる資産運用の重要性
  4. サービス

    ビッグデータを活用して中古不動産売買を透明化!リブセンスの未来型不動産サービス「…
  5. ファンド

    2015年8月の株式投信残高がガッツリ減少!減少額4兆円はリーマン・ショック以来…
PAGE TOP