銀行

住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを開始

住信SBIネット銀行は1月7日、「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを平成28年1月27日(水)から開始することを発表しました。

また、Visaデビットとして日本で初めてとなるVisa payWave(Visaペイウェーブ)に対応しているとのことです。

Visaデビット付キャッシュカードの取扱い開始について|住信SBIネット銀行

Visa payWaveとは?

Visa payWave(Visaペイウェーブ)というのがいまいちよく分からなかったので調べてみると、Visaが提供する非接触IC型決済のことで店舗のレジに設置された専用リーダーにかざせば支払いが完了できるらしいです。

こちらのカードは、平成28年1月27日以降に新規で住信SBIネット銀行を開設する場合に発行されるようになります。

 

また既存の顧客に対しては、平成29年3月までなら ICキャッシュカードからVisaデビット付キャッシュカードへの切替えは無料となっています。申し込みは1月27日より住信SBIネット銀行のWebサイトから申込可能になるようです。

Visaペイウェーブはポストペイ(後払い)に対応できるようなので、個人的にはキャッシュカードだけではなくクレジットカード(SBIカード)にも付けてほしいところですね。

取り敢えず急いで交換する必要はなさそうなのでちょっと検討してみたいと思います。

関連記事

  1. 銀行

    マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット…

    無料で利用できる全自動家計簿アプリのマネーフォワードが住信SBIネット…

  2. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

    私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミ…

  3. 銀行

    住信SBIネット銀行で顧客情報の漏洩が発生、Twitterで発覚

    これも時代の流れでしょうか。あるユーザーが住信SBIネット銀行…

  4. 銀行

    海外送金の「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業譲渡

    海外送金サービスで有名な「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  2. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット
  3. 雑記

    マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下…
  4. サービス

    アパート・マンションの大家さんにおすすめ!全国の家賃相場や空室率をチェックできる…
  5. 確定拠出年金/基礎年金

    「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか…
PAGE TOP