銀行

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミアムサービス」が2019年9月30日をもって終了することがわかりました。どうやら思うように会員数を増やすことができなかったようです。

ちなみに住信SBIネット銀行のプレミアムサービスは月額540円(税込み)で以下の4つの特典を受けられるサービスとなっていました。

  • デビットカードの最大ポイント還元率が0.4%UP
  • ミライノカード(JCB)のポイント還元率が0.4%
  • ロボアドバイザーに掛かる手数料の20%を還元
  • 日経DeepOceanによる情報提供サービスの閲覧

 

「プレミアムサービス」終了のお知らせ

プレミア感やお得感を提供できなかったのが敗因か?

ポイント還元に絞って考えると、単純に0.4%UPということは月額540円のもとを取るためにはデビットカードやミライノカードにおいて月額135,000円以上を利用しないとペイしない計算になります。

ロボアドバイザーへの投資額が大きかったり、日経DeepOceanのニュースに価値を感じる人は別ですが、ポイント還元だけを考えると利用してお得になる人はかなり限られてしまうのではないかと予想されます。

私もサービス開始時に特典を確認して、これは利用する価値はないなと速攻で判断してしまったくらいです。Amazon Primeまでとはいいませんが、もっと特典を充実させるか、月額料金が下がらない限り利用したいとは思いませんでした。

どんな特典があったら加入を検討していたか?

月額料金が540円のままと仮定して、どのような特典があったらプレミアムサービスの加入を検討していたかを考えてみました。

マネーフォワード for 住信SBIネット銀行の有料版の無料提供

まず考えたのがマネーフォワード for 住信SBIネット銀行の有料版を利用できるようになればいいなと感じました。有料版だと月額480円掛かるので、これがプレミアムサービスに加入したら無料で利用できるようになるイメージです。

もともとアップデートの更新頻度が高い無印のマネーフォワードを使用しているのですが、プレミアムサービスで利用できるようになれば移行したいですね。

住信SBIネット銀行版のマネーフォワードは無印との棲み分けがいまいちできていない感じがするので、プレミアムサービスとして有効活用すれば生きてくると思うんですよね。マネーフォワードのアプリは無駄に乱立しているような状況となっているので、このようなサービスで差別化して有効活用するのが一番の棲み分けになるのではないでしょうか。

定期預金の金利UP

今は超低金利なのでなかなか難しいとは思いますが、定期預金の金利をUPして貰えるとうれしいですね。上限金額が100万円くらいになりそうですが、あればうれしい特典となるのは間違いないです。

クレジットカードの年会費のキャッシュバック

無印はともかく、ゴールドカードやプラチナカードの年会費のキャッシュバックがあるとうれしいですね。全額は難しいと思いますが、20%くらいの還元があればインパクトはありそうです。

まとめ

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスは2019年9月30日で一旦終了となりますが、今後はプレミアムサービスを新たな会員制プログラムにリニューアルすることを検討しているようです。

今回の失敗をしっかりと精査して、より魅力的なサービスとしてぜひ復活してほしいですね。実際の利用者にどのようなサービスなら利用したいかをアンケートで調査してみるのも良いかもしれません。もっと利用者の希望を汲み取ったサービスになることを期待します。

最近は金融業界において楽天系のサービスの勢いがあるので、SBIも負けずに攻めのサービスを提供してほしいところです。

関連記事

  1. 銀行

    じぶん銀行が日本の銀行で初めてとなる申込みから契約までネットで完結する住宅ローンの提供を開始

    じぶん銀行は12月1日、日本の銀行で初めてとなる申し込みから契約までネ…

  2. 銀行

    海外送金の「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業譲渡

    海外送金サービスで有名な「Goロイズ海外送金サービス」が新生銀行に事業…

  3. 銀行

    住信SBIネット銀行の定期預金の金利が0.3%、ただし3ヶ月もの限定

    2018年の残りわずかになってきましたね。この辺で年に数回行っている資…

  4. 銀行

    銀行のローンは「元利均等返済」と「元金均等返済」どちらがお得?

    銀行の借入金の返済方法には大きく分けて2種類があることを知っていますか…

  5. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビット付キャッシュカード…

    住信SBIネット銀行は1月7日、「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対…

  6. 銀行

    マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット…

    無料で利用できる全自動家計簿アプリのマネーフォワードが住信SBIネット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定
  2. 銀行

    住信SBIネット銀行で顧客情報の漏洩が発生、Twitterで発覚
  3. 書評

    ビットコインは投資対象というよりは社会にもたらす変化について注目すべし
  4. 不動産投資

    中国不動産投資における賃貸後の管理業務について
  5. 書評

    億万長者になる人間は普通の人とどこが違う?資産を築く7つのポイント
PAGE TOP