銀行

住信SBIネット銀行のスマートプログラムがますます便利に!キャッシュバックが500ポイントから可能になったぞ

現在メインバンクとして利用している住信SBIネット銀行。

この住信SBIネット銀行ではスマートプログラムというのを導入していて、利用している商品やサービス応じてポイントが貯まり、一定数が貯まると1ポイント=1円でキャッシュバックされる仕組みになっています。

ただキャッシュバック申請に必要なポイントは最低1000ポイントからで、このポイントも一定期間が過ぎると消失してしまうのであまり使いみちがありませんでした。

500ポイントから申請可能!ポイントの有効期限も延長へ

ところが最近になってこのスマートプログラムが大幅に改定されて、キャッシュバック申請に必要なポイントは500ポイントへ引き下がられ、さらにポイントの有効期限もポイント付与月の翌々年度3月末と延長されました。

私の場合、スマートプログラムの「ランク4」に該当しており、なにもしなくても毎月50ポイントが付与されています(ただしランクは毎月1日に見直しあり)。ようするに銀行から毎月50円のキャッシュバックを受けられるのと同じような感じになっているということです。

早速キャッシュバック申請をしてみた!

現在、口座に700ポイント貯まっていたので、早速キャッシュバックの申請を行ってみました。ポイントの照会から「キャッシュバックの申請」のタブを選択。後は申請ポイントを入力して確認ボタンを押すだけです。500ポイント以上で100ポイント単位で申請することが可能になっています。

ただし、申請してもすぐにキャッシュバックされるわけではなく、申請した月の翌月下旬に口座に反映されるとのことです。

【追記】キャッシュバックが完了すると入金通知が届く

キャッシュバックの入金が完了すると取引関連のお知らせとしてメッセージが届くようになっています。入金の内容が「ポイントキャッシュバック」になっているのが分かります。

まあ問題ないとは思いますが、念のため申請したキャッシュバックのポイントと入金された金額が同じであるか確認しておきましょう。

まとめ

キャッシュバック申請が1000ポイントから500ポイントに下げられたので、今までポイントの使いみちがなかったという人とはうれしい改定となりましたね。他にもポイントが貯めやすくなったりといい事ずくめの内容になっています。

ポイントはあくまでおまけ要素ですが、銀行の機能としても住信SBIネット銀行は使い勝手がバツグンです。やはり人件費や実店舗の固定費がかからない分、ユーザーへ還元できているのでしょうね。これからのますますのサービス向上に期待します。

 

関連記事

  1. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

    私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミ…

  2. 銀行

    銀行窓口で投資相談するのは愚の骨頂!手数料の高い金融商品を買わされるのがオチ

    先日、国民健康保険の口座振替を行うため、久しぶりに銀行の窓口に行く機会…

  3. 銀行

    住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始!ATMや振込みの無料回数がランクに応じて…

    住信SBIネット銀行が2月1日からスマートプログラムを開始しています。…

  4. 銀行

    住信SBIネット銀行の定期預金の金利が0.3%、ただし3ヶ月もの限定

    2018年の残りわずかになってきましたね。この辺で年に数回行っている資…

  5. 銀行

    銀行のローンは「元利均等返済」と「元金均等返済」どちらがお得?

    銀行の借入金の返済方法には大きく分けて2種類があることを知っていますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 節約

    自動車の生涯コストは4000万円オーバー!コストカットして資産運用の原資に充てる…
  2. 節約

    自動車の維持費を削減したい人は要チェック!DeNAが個人間カーシェアサービス「A…
  3. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ…
  4. 不動産投資

    HSBCにてローンの一部繰上げ返済を検討中
  5. 節約

    一人暮らしにドラム式洗濯機は贅沢?いや、「干す」「取り込む」という労働から解放さ…
PAGE TOP