銀行

住信SBIネット銀行で顧客情報の漏洩が発生、Twitterで発覚

これも時代の流れでしょうか。

あるユーザーが住信SBIネット銀行の口座開設をしようとしたところ、書類不備で書類が返却されてきたようですが、その書類が全く見知らぬ人のものだったようです。これをTwitterにて投稿したところ、住信SBIネット銀行が不備を認め、謝罪する事態に発展しました。

こちらが問題のツイートになりますが、住信SBIネット銀行から要請があったためでしょうか?すでに削除されているようです。

ツイート内容は、他人の書類が返却されたといった内容とともに、モザイク処理がされた実際の書類の画像が添付されていました。

 

ツイートのキャプチャ画像だとこんな感じのツイートでした。

 

 

このツイートから数時間後に、住信SBIネット銀行のWebサイトに情報漏えいの報告とお詫びという内容の公式な謝罪が掲載されました。どうやらツイートの内容はフェイクニュースなどではなく真実であったようです。

この度、お客さまよりお預かりした書類の返却に際し、別のお客さまへ誤って郵送したため、書類に記載されていましたお客さまの情報が漏えいしたことが判明致しました。

このような事態を引き起こし、お客さまに多大なご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを深く反省し、お詫び申し上げます。

お客さまの情報漏えいのご報告とお詫び(更新)

口座開設に必要な書類(健康保険証、住民票の写しなど)を返却する際に、本来返却すべき相手を誤って郵送してしまったようです。漏洩した情報は「氏名」「性別」「年月日」「住所」の4つ。

すでに該当の顧客に対して事実関係の説明およびお詫びをすませているとのこと。それを受けてのツイートの削除だったんですね。

原因究明を行い、今後は個人情報管理の徹底および再発防止に務めるとのこと。

まとめ

モザイク処理がされてたとはいえ、個人情報に関する書類をTwitterで晒したことに関してはネット上で賛否両論が出ていますが、良くも悪くもこのようなミスがすぐに明るみになってしまう時代となっています。

昔であれば内々で処理して、一般には公表されなかった可能性もあるでしょう。ある意味、企業にはいい意味でプレッシャー与える機能として担ってくれている一面もあります。

人為的なミスはどうしても起こってしまうものです。ただ、同じようなミスが起きないように再発防止を徹底してもらいたいところです。住信SBIネット銀行をメインバンクとして利用している1ユーザーとして、さらなるクオリティアップにつながるように頑張ってもらいたいですね。

SBIバーチャルカレンシーズがイーサリアム(ETH)の取り扱いを開始、気になるスプレッドは?前のページ

PayPay経由でクレジットカード不正請求の報告が相次ぐ、公式は情報の流出を否定次のページ

関連記事

  1. 銀行

    HSBCでネットバンキングができない!?

    私は不動産を購入する際、北京にあるHSBCから融資を受けました。もちろ…

  2. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビット付キャッシュカード…

    住信SBIネット銀行は1月7日、「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対…

  3. 銀行

    マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード for 住信SBIネット…

    無料で利用できる全自動家計簿アプリのマネーフォワードが住信SBIネット…

  4. 銀行

    日本から海外口座にお金を入金する方法

    海外で不動産投資を行う場合、海外口座にお金を入金する機会があります。個…

  5. 銀行

    住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがひっそりと終了。どのような特典なら加入したか考えてみた

    私がメイン銀行として利用している住信SBIネット銀行において、「プレミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 雑記

    マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下…
  2. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年1月】ソーシャルレンディングの分配金は34,430円、maneoの延…
  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング再編!NLHD社がmaneoの84.95%の株式を取得、ク…
  5. 節約

    自動車の維持費を削減したい人は要チェック!DeNAが個人間カーシェアサービス「A…
PAGE TOP