書評

メガソーラーだけじゃない!30坪10kwから始める太陽光の「売電ビジネス」

太陽光発電に興味を持ったので「太陽がくれる利益」という本を読んでみました。

太陽光発電ビジネスというと大手企業がやるメガソーラー発電を連想する人も多いと思いますが、こちらの本では主に個人や中小企業が行う規模の太陽光発電ビジネスに特化して説明がされています。

太陽光発電ビジネスには「売電ビジネス」「自家発電」「屋根貸し」の3つの選択肢が用意されて、自分の状況に合ったものから選べるようになっています。その中でもやっぱり注目なのは「売電ビジネス」ではないでしょうか。太陽光の「売電ビジネス」をざっくりまとめると以下のようになります。

太陽光の「売電ビジネス」まとめ

  • 1時間に10kWの発電容量を持つ太陽光発電システムを設置する
  • 10kw以上の太陽光発電を設置すると、「発電事業者」と見なされる
  • 10kWを作り出すために、およそ30坪の面積が必要
  • 最適な立地は街の中
  • 10kW、30坪の場合、初期費用450万円、売電収入は20年間でおよそ800万円

 

10kW未満が住宅用、10kW以上になると、全量買取の対象となる太陽光発電となります。ただし、50kW以上となると、発電システム以外の費用が大きくなってくるので費用対効果を考える必要が出てくるそうです。

個人や中小企業が行う規模であれば10kW~50kW未満が狙い目となりそうです。太陽光発電ビジネスは業種を問わず、どのような業態であっても収益をあげることが可能になっています。

また、銀行も信販会社も太陽光発電の融資には積極的なんだとか。

著者が太陽光発電システムの販売に関わっているので割り引いて考える必要がありますが、土地や屋根に空きがあり、太陽光発電ビジネスに興味がある人はかなり参考になる1冊だと思います。

関連記事

  1. 書評

    最強の投資家に共通する23の習慣とは?「バフェットとソロス勝利の投資学」

    ゼロからスタートして、投資で巨万の富を築いたウォーレン・バフェットとジ…

  2. 書評

    投資で食っていくために必要な7つのスキル:「一生お金に困らない個人投資家という生き方」

    株と不動産で増やした資産はなんと約2億円超!マネー雑誌などでも…

  3. 書評

    あなたは「金持ち思考?」それとも「貧乏思考?」100歳までお金に困らない人生戦略

    ファイナンシャルドクター北川邦弘さんの著書「なぜ貯金好きはお金持ちのな…

  4. 書評

    低位株は個人投資家にチャンスあり!低位株投資5つの戦術

    3倍高も夢じゃない!?急騰低位株に乗ってドーンと殖やす「とことん稼ぐ低…

  5. 書評

    未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた

    ファイナンシャルプランナーの藤原久敏さんが書いた「あやしい投資話に乗っ…

  6. 書評

    22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法「日経平均を捨ててこの日本株を買いなさい」

    22年勝ち残っているファンドマネジャー藤野英人さんの著書「日経平均を捨…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 書評

    漠然とした老後不安を吹き飛ばせ!「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活…
  2. 【配当金】中国株の華能国際電力(902)から2016年度の期末配当を頂きました
  3. クレジットカード/キャッシュレス

    SBIカードが2015年10月1日のポイントプログラム変更に伴い「ボーナスポイン…
  4. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の最終損失額が確定、業者の担保評価…
  5. 不動産投資

    気をつけておきたい中国不動産の特徴
PAGE TOP