書評

メガソーラーだけじゃない!30坪10kwから始める太陽光の「売電ビジネス」

太陽光発電に興味を持ったので「太陽がくれる利益」という本を読んでみました。

太陽光発電ビジネスというと大手企業がやるメガソーラー発電を連想する人も多いと思いますが、こちらの本では主に個人や中小企業が行う規模の太陽光発電ビジネスに特化して説明がされています。

太陽光発電ビジネスには「売電ビジネス」「自家発電」「屋根貸し」の3つの選択肢が用意されて、自分の状況に合ったものから選べるようになっています。その中でもやっぱり注目なのは「売電ビジネス」ではないでしょうか。太陽光の「売電ビジネス」をざっくりまとめると以下のようになります。

太陽光の「売電ビジネス」まとめ

  • 1時間に10kWの発電容量を持つ太陽光発電システムを設置する
  • 10kw以上の太陽光発電を設置すると、「発電事業者」と見なされる
  • 10kWを作り出すために、およそ30坪の面積が必要
  • 最適な立地は街の中
  • 10kW、30坪の場合、初期費用450万円、売電収入は20年間でおよそ800万円

 

10kW未満が住宅用、10kW以上になると、全量買取の対象となる太陽光発電となります。ただし、50kW以上となると、発電システム以外の費用が大きくなってくるので費用対効果を考える必要が出てくるそうです。

個人や中小企業が行う規模であれば10kW~50kW未満が狙い目となりそうです。太陽光発電ビジネスは業種を問わず、どのような業態であっても収益をあげることが可能になっています。

また、銀行も信販会社も太陽光発電の融資には積極的なんだとか。

著者が太陽光発電システムの販売に関わっているので割り引いて考える必要がありますが、土地や屋根に空きがあり、太陽光発電ビジネスに興味がある人はかなり参考になる1冊だと思います。

自営業・フリーランスの年金対策!国民年金の上乗せ部分は「個人型確定拠出年金」が絶対おすすめ前のページ

リボ払いの利率が高すぎる!クレジットカードを利用するなら一括払いが基本次のページ

関連記事

  1. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

    株式会社資産デザイン研究所の内藤忍さんの「貯金が1000万円になったら…

  2. 書評

    低位株は個人投資家にチャンスあり!低位株投資5つの戦術

    3倍高も夢じゃない!?急騰低位株に乗ってドーンと殖やす「とことん稼ぐ低…

  3. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国

    マレーシアで資産運用や不動産投資、ロングステイを考えている人に参考にな…

  4. 書評

    億万長者になる人間は普通の人とどこが違う?資産を築く7つのポイント

    アメリカの億万長者1万人以上にインタビューとアンケートをして明らかにな…

  5. 書評

    自営業・フリーランスの年金対策!国民年金の上乗せ部分は「個人型確定拠出年金」が絶対おすすめ

    自営業・フリーランスにとっていろいろ悩ましい問題の1つが将来の年金では…

  6. 書評

    日本脱出計画 「攻撃」と「防御」の戦略

    「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という本を読んでみま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2018年12月】ソーシャルレンディングの分配金は44,575円、ただし800…
  2. 不動産投資

    投資家が気をつけておきたい中国不動産の特徴
  3. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビッ…
  4. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズがイーサリアム(ETH)の取り扱いを開始、気になるス…
  5. NISA

    SBI証券がNISA口座での国内株(売買)および海外ETF(買)の取引手数料を恒…
PAGE TOP