書評

漠然とした老後不安を吹き飛ばせ!「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」

総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は297,070円になるそうです。つまり、老後になればこれくらいの生活費を年金でやりくりしなければいけないことになります。

年金もらい得世代は良いとして、年金払い損世代といわれる1960年生まれ以降の人にとってはかなり切実な問題となってきます。そのような中、月15万円の年金受給者が意外とフツーな暮らしをしていることが書かれている「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」という本を手にとってみました。

この本は、実際に年金15万円で生活している年金受給者が書いた本になっているのですが、なかなか興味深い内容になっています。

安心してください!年金15万円でもフツーに暮らせるますよ

著者の1年でならした会計は以下の通りになっています。

  • 家賃:3.5万円
  • 食費:4.5万円
  • 水道・光熱費:1.5万円
  • 被服費:0.7万円(年間8.4万円)
  • 通信費:0.8万円(年間9.6万円)

 

月15万円で生活するには、いかにして固定費を削減するかが肝になってきます。また、労力と節約も兼ねて、食器洗い乾燥機や節水型洗濯機、LEDの導入などのエコ家電の導入も推奨しています。

その他にもネット銀行や公共施設を活用するなどかなり勉強しているなという感じがしました。月15万円でも意外といけるもんだなという印象を受けましたね。

知らなきゃ損する情報満載

その他にも以下の項目が勉強になりました。

  • 葬式費用をゼロ円にする方法
  • 子供の税金を安くする
  • 健康保険料をタダにする
  • 高額医療費制度のうまい使い方
  • 「世帯分離」で医療費や介護費を半減させる

この辺のところは知っているのと知らないのではかなり差がでてくると思います。

まとめ

年金受給までまだまだ間があるという人でも、一読しておくと老後の不安解消に役立つ内容になっています。

 

関連記事

  1. 書評

    未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた

    ファイナンシャルプランナーの藤原久敏さんが書いた「あやしい投資話に乗っ…

  2. 書評

    日本脱出計画 「攻撃」と「防御」の戦略

    「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という本を読んでみま…

  3. 書評

    低位株は個人投資家にチャンスあり!低位株投資5つの戦術

    3倍高も夢じゃない!?急騰低位株に乗ってドーンと殖やす「とことん稼ぐ低…

  4. 書評

    メガソーラーだけじゃない!30坪10kwから始める太陽光の「売電ビジネス」

    太陽光発電に興味を持ったので「太陽がくれる利益」という本を読んでみまし…

  5. 書評

    自営業・フリーランスの年金対策!国民年金の上乗せ部分は「個人型確定拠出年金」が絶対おすすめ

    自営業・フリーランスにとっていろいろ悩ましい問題の1つが将来の年金では…

  6. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

    株式会社資産デザイン研究所の内藤忍さんの「貯金が1000万円になったら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングのローンファンドにて損失率16%の貸し倒れが発生
  2. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  3. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビッ…
  4. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングで遅延ファンドの損失確定と口座残高に不具合発生
  5. クレジットカード/キャッシュレス

    PayPayの「第2弾100億円キャンペーン」が5月13日でひっそりと終了、今後…
PAGE TOP