書評

保険は人生で2番目に高い買い物!GNP(義理・人情・プレゼント)で保険を選ぶな

生命保険文化センターの調査によると、家庭一世帯が支払いっている生命保険料は年間45万円にもなっているそうです。これを20年間支払続けると保険料はおよそ1000万円です。これが「保険は住宅費用に続いて人生で2番目に高い買い物」と言われる所以でもあります。

ただこのように高い買い物であるはずの保険ですが、義理(G)、人情(N)、プレゼント(P)からなる「GNPセールス」で購入していしまう人もまだまだ多いと思います。

住宅をGNPセールスで購入しないのと同様に、保険もしっかりと情報収集をした上で納得いくまで比較検討してから購入すべき商品なのです。

 

保険にボーナスはないと心得よ

「無事故だったら健康ボーナスとして3年間に15万円キャッシュバックされます!」なんてことを売りにしている保険がありますが、なんてことはありません。

あくまで自分自身が払い込んだお金を、手数料を抜かれた上で返してもらっているにだけにすぎません。買い手にとって「お得な商品」なんてありません。

医療保険はあくまで補助

医療保険の中核には国の健康保険があり、民間の医療保険はそれを補完するものにすぎない、という大前提の理解が必須。

ただ、大きな病気にかかてしまった時の自己負担額が心配になることは確かです。しかし、日本には「高額療養費制度」というものがあり、医療費の自己負担額はそれほど大きくならないようになっています。

万が一、何百万円の医療費が掛かったとしても、平均な所得の人であればひと月当たりの自己負担の上限は10万円弱とのこと。これを理解した上で、民間の医療保険に入るかどうか検討するべきだと思います。

加入は必要最小限を心がける

国や会社の保障内容を確認して、民間保険の加入は必要最小限するべき。可能な限り保険料を節約して、その分を貯蓄に回すという方法も検討しましょう。

すでに入っていても「解約したら損」とは限らない

すでに保険に入っていても「解約したら損」とは限らないみたいです。現在の保険を継続するのか、新しい保険に変えるのか。一度冷静に比較検討してみてはいかがでしょうか。

必ず複数の商品を比較する

保険の窓口などで無料でプランを作成してもらい、ネット生保で同じ保障内容の価格を比較検討する。もはや保険のセールトークのみで購入する時代ではなくなりました。

保険は高い買い物という意識を持って、自分が理解して納得した上で購入することを心掛けていきたいですね。

 

関連記事

  1. 書評

    漠然とした老後不安を吹き飛ばせ!「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」

    総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支…

  2. 書評

    億万長者になる人間は普通の人とどこが違う?資産を築く7つのポイント

    アメリカの億万長者1万人以上にインタビューとアンケートをして明らかにな…

  3. 書評

    未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた

    ファイナンシャルプランナーの藤原久敏さんが書いた「あやしい投資話に乗っ…

  4. 書評

    日本脱出計画 「攻撃」と「防御」の戦略

    「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という本を読んでみま…

  5. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国

    マレーシアで資産運用や不動産投資、ロングステイを考えている人に参考にな…

  6. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

    株式会社資産デザイン研究所の内藤忍さんの「貯金が1000万円になったら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%



 ⇒詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える
  2. クレジットカード

    リボ払いの利率が高すぎる!クレジットカードを利用するなら一括払いが基本
  3. 確定拠出年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
  4. ニュース

    アメリカの雑誌フォーブスが2013年版の世界の長者番付を発表!
  5. 銀行

    マネーフォワードが住信SBIネット銀行と提携!専用アプリ「マネーフォワード fo…
PAGE TOP