不動産投資

ロッジのオーナーにもなれる!「がっちりマンデー!!」で紹介されたロードサイドホテル「旅籠屋(はたごや)」をチェック

2017年4月23日に放送された「がっちりマンデー!! 」で「国内市場、3兆円規模!?今、お泊まりウォーズが勃発中!」という特集をしていました。

その中で、アメリカンスタイルのロードスタイルホテル「旅籠屋(はたごや)」が気になったのでWebサイトをチェックしてみることにしました。

【公式】素泊まりのロードサイドホテルチェーン「ファミリーロッジ旅籠屋」

旅籠屋の特徴

旅籠屋はアメリカのモーテル(MOTEL)をお手本にしているホテルで、ファミリーやカップルでのドライブ旅行、ひとり旅、ツーリングやサイクリングなどをターゲットとしているそうです。ほとんどのサービスがないかわりにかなり格安に泊まれる素泊まりのホテルとなっています。

1995年8月に第一号店をオープンして以降、全国各地に58号店まで拡大しています。年間の利用者は延べ40万人、累計では300万人を超えています。

フランチャイズではなく直営店方式

私が気になったのはその運営方式。テレビの放送の中では夫婦2人が店舗の管理をしている様子が映っていたので、フランチャイズ形式なのかなと思っていました。ところが旅籠屋は直営店方式を採用しているとのことでした。つまり旅籠屋の正社員が住み込みでホテルの業務を行っていることになります。

旅籠屋では遊休地を所有する企業や個人に建物を建築してもらい、これを20年間の賃貸借契約で借り上げてホテルの経営と運営を行う方式をとっています。

投資額は1~1.2億円、投資利回りは8~9%

土地のオーナーの投資額は1~1.2億円程度になるようです。やはり一般のアパートを建てるよりはかなり費用がかかる模様。年間の家賃が800~1,000万円程度で投資利回りは8~9%となるそうです。

そのほか維持費や修繕費はすべて旅籠屋負担するのでオーナーの追加出費は発生しません。家賃は固定で入ってきて、土地のオーナーのホテル経営の実務負担などもありません。

まとめ

アパートやマンション経営に適さない悪い条件の悪い土地でも、活用できる可能性あるのはちょっと魅力的ではないでしょうか。ただし、無条件ということではなく土地面積300~400坪、広域で車が移動する幹線道路沿いなどの条件があります。

また今はアパートの一括借上げで賃料が一方的に減額されるケースが問題になっています。旅籠屋でも借上げ方式を取っているので契約内容の詳細が気になることろではあります。

そうはいっても今後は日本人だけはなく外国人旅行客などのインバウンド需要なども見込めるかもしれません。所有している土地の有効活用の1つとして出店の可能性を探ってみるのも悪くないかもしれません。

 

関連記事

  1. 不動産投資

    中国における不動産権利証について

    不動産権利証とは、不動産登記を終えたときに交付される証明書のことです。…

  2. 不動産投資

    投資に冷水?中国が外国人の不動産取得を制限することを発表

    中国は「不動産市場外貨管理の問題の規範化に関する通知」を発表しました。…

  3. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える

    上海や北京の場合、高級サービスアパートメント(と呼ばれている?)を賃貸…

  4. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました

    賃貸業をしていると、テナントからいろいろな要望が出てきます。あまり無理…

  5. 不動産投資

    中国不動産におけるリーシング活動について

    リーシングとは簡単に言ってしまえばテナントを誘致する計画を立てて、それ…

  6. 不動産投資

    中国不動産投資における賃貸後の管理業務について

    賃貸を開始すると、当然管理業務が必要となってきます。私は日本に住んでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 「日本郵政グループ3社」の売り出し価格が出揃う&SBI証券IPO抽選結果
  2. NISA

    NISAの枠が余っている?だったら郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀…
  3. NISA

    これは朗報!楽天証券がNISA口座内の手数料0円の恒久化を決定
  4. 書評

    投資で食っていくために必要な7つのスキル:「一生お金に困らない個人投資家という生…
  5. 銀行

    住信SBIネット銀行が「円」と「米ドル」2種類の通貨決済に対応したVisaデビッ…
PAGE TOP