ファンド

投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!

個人投資家目線で選ぶファンドやETFなどを選ぶFund of the Year 2012の結果が発表されました。

販売者が売りたいファンドではなく、実際に投資を行なっている投信ブロガーの皆さんが選ぶファンドなので参考になることが多いかもしれません。

ランキングベスト10は以下のとおり。

1位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2位:外国株式インデックスe
3位:eMAXIS 新興国株式インデックス
4位:結い2101
5位:ひふみ投信
6位:SMTグローバル株式インデックス・オープン
7位:ニッセイ日経225インデックスファンド
8位:野村インデックスファンド新興国債券・為替ヘッジ型
9位:セゾン資産形成の達人ファンド
10位:年金積立 インデックスファンド海外新興国株式

http://www.fundoftheyear.jp/2012/

ただし、選ばれているからと言って、必ずしも利益が上がったり成績が良いとは限りません。投資する際には必ず自分の目で確かめてから投資することをおすすめします。

関連記事

  1. ファンド

    2015年8月の株式投信残高がガッツリ減少!減少額4兆円はリーマン・ショック以来の大きさ

    中国経済の不透明による世界同時株安の影響で、2015年8月の株式投信残…

  2. ファンド

    太陽光発電へ投資を検討している人は要注意!今後、売電価格が半額になる模様

    太陽光発電への投資を検討している投資家にとってはネガティブな情報が入っ…

  3. ファンド

    アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファンド「iTrust」を…

    遂にアクティブファンドも低コストの時代に突入しつつあるようです。…

  4. ファンド

    バフェットも推奨するS&P500への投資がより身近に!信託報酬率0.09%台「SBI・バン…

    これは、個人投資家にとって喜ばしいニュース!SBIとバンガード…

  5. ファンド

    カナディアン・ソーラー・インフラファンドから第3期の分配金、1口当たり3,600円なり

    投資している「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」から第3期(2…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ファンド

    アクティブファンドも低コストの時代!ピクテ投信が日本初のネット専用低コストファン…
  2. 雑記

    マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下…
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年5月】ソーシャルレンディングの分配金は12,085円、SBIで25,…
  4. 確定拠出年金/基礎年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応…
  5. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨の受取・送付サービスを開始、ハードウェア・…
PAGE TOP