不動産投資

中国では賃貸用に家具・家電を揃える

上海や北京の場合、高級サービスアパートメント(と呼ばれている?)を賃貸する時に家具・家電を付けるのが一般的です。(他の地域がそのようになっているか分かりません)

その為、新築のマンションを購入した場合は、家具・家電を1通り揃える必要が出てきます。(中古であれば家具・家電が付いている可能性もあります)私が取り揃えた家具・家電は以下のようになっています。

購入した家具・家電

ソファー

 

サイドテーブル

 

テーブル

 

テレビ台

 

ダイニングテーブル&ダイニングチェア

 

デスク

 

ダブルベット&ベットサイドテーブル

 

その他

・タンス
・椅子
・カーテン
・ブラインド
・電気スタンド
・ライト
・テレビ
・DVD
・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ
・飲水機
・etc

 

家具・家電の総額は61,400RMB(約840,000円)掛かりました。私が現在使用している物よりお高くなっています。(涙)
部屋の大きさで変わってくるとは思いますが、家具・家電を一式揃えるとかなりの金額になってきます。家具・家電の金額にも留意したいところです。

テナントからの要望で浴室のガラスカバーを取り壊し前のページ

中国の人民元の価値および為替制度について次のページ

関連記事

  1. 不動産投資

    HSBCにてローンの一部繰上げ返済を検討中

    現在、ローンの一部繰上げ返済を考えています。私が借入れを行って…

  2. 不動産投資

    中国における不動産権利証について

    不動産権利証とは、不動産登記を終えたときに交付される証明書のことです。…

  3. 不動産投資

    非上場の不動産ファンドに小額から投資できる「bitREALTY(ビットリアルティ)」、ケネディクスと…

    ソーシャルレンディングの遅延やデフォルト問題が多発している中、不動産投…

  4. 不動産投資

    不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い

    不動産を売却した場合、売却益に対して所得税や住民税がかかります。これら…

  5. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?

    中国で不動産投資を行っていても、日本にて確定申告が必要となってきます。…

  6. 不動産投資

    中国(海外)で不動産を購入するのはなかなか大変な作業

    私が中国の仲介業者を通して、実際に投資用の不動産を購入するまでに3回ほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 為替

    中国の人民元対米ドルで最高値を更新
  2. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
  3. 為替

    中国の人民元の価値および為替制度について
  4. ニュース

    格付け会社S&Pが日本国債の格付けを一段引き下げ、中国や韓国よりも下へ…
  5. 節約

    Windows7サポート終了!Windows10へ無償アップグレードする方法【ま…
PAGE TOP