不動産投資

中国では賃貸用に家具・家電を揃える

上海や北京の場合、高級サービスアパートメント(と呼ばれている?)を賃貸する時に家具・家電を付けるのが一般的です。(他の地域がそのようになっているか分かりません)

その為、新築のマンションを購入した場合は、家具・家電を1通り揃える必要が出てきます。(中古であれば家具・家電が付いている可能性もあります)私が取り揃えた家具・家電は以下のようになっています。

購入した家具・家電

ソファー

 

サイドテーブル

 

テーブル

 

テレビ台

 

ダイニングテーブル&ダイニングチェア

 

デスク

 

ダブルベット&ベットサイドテーブル

 

その他

・タンス
・椅子
・カーテン
・ブラインド
・電気スタンド
・ライト
・テレビ
・DVD
・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ
・飲水機
・etc

 

家具・家電の総額は61,400RMB(約840,000円)掛かりました。私が現在使用している物よりお高くなっています。(涙)
部屋の大きさで変わってくるとは思いますが、家具・家電を一式揃えるとかなりの金額になってきます。家具・家電の金額にも留意したいところです。

テナントからの要望で浴室のガラスカバーを取り壊し前のページ

中国の人民元の価値および為替制度について次のページ

関連記事

  1. 不動産投資

    投資に冷水?中国が外国人の不動産取得を制限することを発表

    中国は「不動産市場外貨管理の問題の規範化に関する通知」を発表しました。…

  2. 不動産投資

    中国不動産におけるリーシング活動について

    リーシングとは簡単に言ってしまえばテナントを誘致する計画を立てて、それ…

  3. 不動産投資

    中国とインドの人口増加がやばい!世界の人口動向について

    不動産投資を行うにあたって人口動向には注意が必要です。安定した収入が得…

  4. 不動産投資

    総合金融グループHSBC(香港上海銀行)にて投資用物件のローン借り入れを実施

    私が中国で投資用の物件を購入した際に、物件価格の70%※をHSBC(香…

  5. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました

    賃貸業をしていると、テナントからいろいろな要望が出てきます。あまり無理…

  6. 不動産投資

    テナントからの要望で浴室のガラスカバーを取り壊し

    最近、テントから要望がありました。どうやら浴槽のガラスカバーが使いにく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    クラウドバンクからファンド9案件の運用期間延長の通知!これで2ヶ月連続、合計18…
  2. 不動産投資

    中国不動産におけるリーシング活動について
  3. ファンド

    カナディアン・ソーラー・インフラファンドから第3期の分配金、1口当たり3,600…
  4. 雑記

    マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット
  5. 確定拠出年金/基礎年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で自分年金!5%の利回りで3400万円…
PAGE TOP