ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングで遅延ファンドの損失確定と口座残高に不具合発生

こんにちは、しんのすけです。

2018年11月15日にSBIソーシャルレンディングから分配金の支払いがありました。また、このタイミングで延滞が発生していたファンドの貸倒れ金額が確定したようです。

貸倒れ発生に関しては以下の記事にも書いています。

貸倒れファンドは2件、合計23,507円の損失が確定

私が投資を行っていた「SBISL不動産バイヤーズローンファンド 19号」で-21,467円、「SBISL不動産バイヤーズローンファンド 22号」で-2,040円の貸倒れが発生。合計で23,507円の元本の損失が確定しました。

それぞれに150,000円をずつ投資を行っていたので19号では約14.31%、22号では1.36%の貸倒損失となります。ただ、すでに分配金なども発生しているので実際の損失はその分だけ軽減されます。

SBIソーシャルレンディングに投資している総額は4,000,000円程度になっているので、全体としての損失は0.58%程度。まあ、この規模の貸倒れが2〜3回程度であれば許容範囲といったところではないでしょうか。

22号に関しては競売による回収結果で損失が拡大する可能性あり

なお、SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の延滞債権については担保不動産の競売がまだ残っているようです。この競売手続が完了すると、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収手続きはすべて終了とのことなので、22号に関しては競売状況によっては貸倒損失が追加で発生する恐れがあるので注意が必要です。

ある意味、これまで貸倒れがほとんど発生していなかったのが異常であり、ある程度の貸倒れが発生するのは覚悟しておく必要があると思います。ただ、SBIソーシャルレンディングだけではなく、maneoなどでも延滞が発生しているので、予断を許さない状況が続いています。

ソーシャルレンディング業界全体でも延滞やデフォルトがかなり発生していることもあり、業界全体が逆風にさらされています。

 

また、銀行の不動産投資への貸し渋りなどが加速していることもソーシャルレンディング業界にとっては大きなマイナス要因と言えます。スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題をきっかけとして、東京オリンピックを迎える前にいっきに流れが変わる可能性もでてきそうな状況となってきました。

SBIソーシャルレンディングの口座残高にシステム障害が発生

また、損失確定の確認および今月の分配金がどの程度になっていたのか計算している中で、いくら計算してみても口座残高の数字が合わないことに気づきました。

「運用中元本残高」「分配用口座残高」「投資家用口座残高」「貸倒損失(確定額)」「出金」をすべて考慮して計算したのですが、どうしても口座残高が想定したいた金額よりも少なくなってしまいます。

その時の様子を以下のようなツイートで呟いています。

 

仕方がないので、SBIソーシャルレンディングに問い合わせをしてみることに。その数時間後に以下のようなメッセージが届きました。

対象ファンド(遅延案件ファンド)に出資していた場合、システム障害により「運用中元本残高」の金額がおかしくなっているんだとか。やれやれです。

不具合発見のタイミングはさておき、原因が分かったのでまずは一安心といったところですかね。あとは正常に金額が反映されるのを待つことにします。この記事の執筆時点でも修正されてないようなので、サクッと修正できるようなバグではないのかもしれません。

追記

「11月16日 18:31 システム障害のお詫びと対応完了」とのメッセージが届いていました。1日くらいで復旧し正常に表示されるようになったようです。今後は同じような不具合を起こさないように十分に注意してほしいですね。

まとめ

ソーシャルレンディングでは今回のような金額の間違いなどが発生することが度々あるので油断できません。比較的新しい分野でベンチャー企業が運営しているとはいえ、既存の銀行や証券会社に比べると杜撰であるという印象は拭えません。これからの挽回に期待したいところです。

SBIソーシャルレンディングのファンドへの投資は150,000円単位で行ってきましたが、今回の損失を受けて投資する際は100,000円単位くらいに減額して行うようにするかもしれません。いずれにせよ、しばらくは様子を見ながらの投資となりそうです。

それにしてもSBIソーシャルレンディングの口座残高は見づらくて仕方ありません。分配金などがズラーッと並んでいるだけなんです。「月別」「年度別」「残高推移」くらい表示できるでしょうよ。TVCMを作るのもいいけど、管理画面の改善も優先度を上げてお願いしたいですね。

銀行預金の金利低すぎ!でもリスクは取りたくない、それなら個人向け国債を買っとけ前のページ

目標資産額を達成するのに利回りがどれくらい必要?サクッと計算してくれる「金融電卓」次のページ

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2020年2月】ソーシャルレンディングの分配金は28,170円、今後はコロナショックの影響が波及す…

    コロナウィルスの影響でいろいろとドタバタしており、更新するのが遅れまし…

  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【配当金】利回り5.5%!クラウドバンクから2017年10月分11,334円の分配金を頂きました

    数年前から資産運用のポートフォリオにおいてソーシャルレンディングのクラ…

  4. ソーシャルレンディング

    行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表

    本日から行政処分があけて、業務の再開を予定していたクラウドバンクが自主…

  5. ソーシャルレンディング

    業務停止中のクラウドバンク、顧客の残高に不備!業務再開まで1ヶ月ないけど大丈夫?

    証券取引等監視委員会から行政処分を受けて、業務改善中のクラウドバンクか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ファンド

    SBI証券が国内最安の信託報酬であるインデックスファンド「日経225インデックス…
  2. 暗号資産/仮想通貨

    SBIバーチャルカレンシーズがイーサリアム(ETH)の取り扱いを開始、気になるス…
  3. 書評

    マレーシアは「資産運用」「不動産投資」「ロングステイ」に最適な国
  4. 銀行

    じぶん銀行が日本の銀行で初めてとなる申込みから契約までネットで完結する住宅ローン…
  5. 節約

    自動車の維持費削減になる?ガリバーが2016年春から月額定額制の車乗り換えサービ…
PAGE TOP